室内での生活に慣れている猫の場合、飼い主は誤って愛猫が外に出ないよう、日頃から注意していることでしょう。

しかし、どんなに注意していても、万が一の事態が起きないとは限りません。

猫のコテツくんとまるくんと暮らす飼い主さん(@mofu_kote)さんは、ある日の帰宅後、まるくんの姿が見あたらず、焦ってしまいました。

家中を探しても、どこにもまるくんはおらず、ついには半泣きになって探していたという飼い主さん。

その後、無事にまるくんは見つかりました…ベッドの隙間で!

飼い主さんがどれほど焦って、不安だったかなど、まるくんは知るはずもありません。

「何か?」といいたげな表情を浮かべるまるくんに、飼い主さんは安堵するとともに、どっと疲れが押し寄せてきたことでしょう…!

ついつい「もう!」と怒りたくなってしまいそうな状況ですが、まるくんに悪気はないのです。

そのうえ、こんなにも愛らしい顔で見つめられたら、何もいえません…。飼い主さんも動揺をギュっと押し込め、持っていたスマホで即激写したといいます。

猫の飼い主にとっては『あるある』ともいえる、愛猫たちの心臓に悪い『かくれんぼ』。

どこまでも振り回される人間たちなのでした…。


[文・構成/grape編集部]


出典
@mofu_kote