寒くなってくると、温かい鍋がおいしく感じますね。

鍋の具材をある程度食べた後、残ったスープにひと工夫を加えると、最後まで味わい尽くすことができ満足感があるでしょう。

そんな『鍋のシメ』といえば、うどんなどの麺類か、ご飯を思い浮かべます。

しかし、料理家のぼく(@boku_5656)さんが、鍋のシメに入れるものは…。

ほっこり白玉汁

ぼくさんがシメに選んだのは、なんと『白玉』!

白玉はあんこの入ったお汁粉など、甘いものに使うイメージですが、意外なことに鍋のシメにも合うのだとか。

では、投稿されたレシピを紹介します。

いつも通りに鍋を楽しんだら、少しの具材とスープを残しておきましょう。

白玉粉50gと、絹豆腐60gを混ぜた後、丸めて10個ほどの白玉を作ってください。

白玉を鍋に入れて、茹でます。

3分ほど加熱し、白玉がふわふわになったら、ごま油を大さじ1とショウガチューブを小さじ1加えてひと煮立ちしてください。

器に盛り、お好みで三つ葉やゆず皮を添えるのも、おすすめです!

スープがしみた白玉は『ふわもち』で『とろ〜』っとした食感になるのだとか!

白玉粉に豆腐を加えることで、より鍋に合う味わいになるのでしょう。

紹介されたレシピでは、ミツカンの鍋つゆの素を使っていますが、中華鍋や洋風鍋のシメに入れてもおいしそうですね。

投稿には、鍋のシメに白玉を試した人たちから感想が寄せられていました。

・今日鍋だったので早速食べたけど、生麩みたいでおいしかった!

・作ってみたら、本当に「ふわっもちっとろ〜」だった。新しい定番になりそう!

・これは最強。最初から入れても固くならず、食べ終わりまで、もちもちとろとろだった。

デザートを作るために白玉粉を買ったら使い切れないことは、よくあります。

家に白玉粉が余っていたら、一度鍋のシメにしてみてはいかがでしょうか。


[文・構成/grape編集部]


出典
@boku_5656