近年、街中では電動キックボードをはじめ、最新の乗り物に乗る人が増えてきました。

目新しい乗り物には、「一度は乗ってみたい」と思いますよね。

警視庁交通総務課は、ある乗り物に乗る時の注意点をTwitterで呼びかけました。

それは、見た目が自転車にそっくりな乗り物。

しかし自転車と違い、ペダルをこぐことなく、エンジン動力だけで進みます。

そのためバイク扱いとなり、運転をするには免許やヘルメット、ナンバープレートが必要だというのです。

自転車に似た見た目をしているため、交通ルールを守らずに運転している人がいるのでしょう。

しかし自転車と同じ感覚で運転してしまうと、交通ルールを破るだけでなく、事故を起こしかねません。

乗る時は、バイクに乗っているという意識を持ち、交通ルールを守って運転することが求められます。


[文・構成/grape編集部]


出典
@MPD_kotu