災害はいつ起きるかが分かりません。

地域によっては、大きな地震が起きると予測されていることから、「万が一の時に備えておきたい」と防災を心掛けておきたいものです。

そしてできることなら、身近なものを使って、防災グッズを準備したいですよね。

マチ付きポリ袋『アイラップ』のTwitterアカウントは、自社の製品を使って作る防災グッズを紹介しました。

『アイラップ』だけでなく、ペットボトルやポリ袋をライトにかぶせることで、簡易式ランタンを作るというもの。

災害が起きると、停電が起きる場合も考えられます。

夜を迎えた際、真っ暗闇の状態では避難中の生活や食事などに影響が出ることも。

同アカウントが紹介したようなランタンを作っておくと、部屋を明るくできるだけでなく、きっと不安も少し落ち着くことでしょう。

専用の防災グッズを買うのもよし、今回のように普段から使っているものを使って備えるのもよし。

自分にできることで、有事に備えてみてはいかがですか。


[文・構成/grape編集部]


出典
@i_wrap_official