アメリカのミネソタ州で優しい飼い主(deafdogofmn)さんと暮らす、犬のピーウィーくん。

ブルテリアミックスのピーウィーくんは、耳が聞こえません。

それでもピーウィーくんは飼い主さんとしっかりとコミュニケーションがとれるのだそう。

「お手」や「お座り」「伏せ」「ボールを取ってきて」など、あらゆる指示を手話で覚えているのです。

耳が聞こえない犬を起こす方法とは?

ある日、飼い主さんは寝ているピーウィーくんをトイレに行かせるために起こす必要がありました。

しかし、部屋の電気を点滅させてもピーウィーくんは気付かずに眠っています。

そこで飼い主さんの6歳の娘さんが起こしに行きました。

その様子を撮影した動画を投稿したところ、大きな反響が上がったのです。

@deafdogofmn The cutest duo you’ll ever see 🥰 #duo #besties #sister #brother #deafdog #kidswhosign #asl #deaf #communication #signlanguage #besties #foryou #fyp #minnesota #dogsofminnesota #dogsoftiktok #tiktokdog #viral #pets ♬ Home - Edith Whiskers

駆け寄った娘さんは、寝ているピーウィーくんの顔にそっと触れます。

そして目を覚ましたピーウィーくんに「トイレの時間だよ」と手話で知らせてあげました。

娘さんの起こし方は、ピーウィーくんを驚かせないようにしているのが分かりますね。

動画には、娘さんの優しさに対する称賛の声が寄せられています。

・この子の犬に対する優しい接し方がとても好き。

・かわいすぎる。娘さんはこの犬とコミュニケーションをとる、あらゆる方法を知っているね。

・感動してうるっときた!

娘さんはピーウィーくんと手話でコミュニケーションをとるのが大好きなのだそうです。

飼い主さんがピーウィーくんに教えた手話は、ほかにもいろいろあるのだとか。

「散歩」「ごはん」「おやつ」などのほか、「いい子だね」という褒め言葉も手話で表現します。

また、出かける時には必ずピーウィーくんに投げキッスのしぐさで「行ってきます」、続けて「いい子だね」と伝えるそう。

これならピーウィーくんが、家族がいなくなったと思い、不安になることはないでしょう。

耳が聞こえなくても、こんなふうに飼い主さんとコミュニケーションがとれたら、ピーウィーくんはいつも安心していられるでしょうね。


[文・構成/grape編集部]


出典
deafdogofmn