おしゃれな朝食といえば、フレンチトーストを思い浮かべる人も多いでしょう。

しかし実際作るとなると、卵液に浸して冷蔵庫で冷やしたり、フライパンで焼き目を付けたりと、余裕のある時にしか作れないレシピですよね。

何かと手間がかかるフレンチトーストですが、大手乳製品メーカーの雪印メグミルク株式会社(以下、雪印メグミルク)が、そんなイメージをがらりと変えるレシピをウェブサイトで紹介しています。

そのレシピとは、『クイックフレンチトースト』。なんと、火やフライパンは不使用とのことです。

早速、甘いものには目がない筆者が実際に作ってみました!

雪印メグミルクの『クイックフレンチトースト』

雪印メグミルクのウェブサイトによると、用意するものはこちら。

材料(1人分)
食パン(6枚切り) 1枚
卵 1個
雪印メグミルク牛乳 80ml
砂糖 大さじ1
クリームチーズ 30g
メープルシロップ 適量
シナモンパウダー 適量
お好みのフルーツ 適宜
※1カップは200ml、大さじ1は15ml、小さじ1は5mlです。

雪印メグミルク株式会社 ーより引用

トッピングとしてシナモンパウダーやメープルシロップ、ハチミツ、フルーツなどを加えてアレンジすると、自分好みの味になるのでおすすめです。

『雪印メグミルク』提案の『クイックフレンチトースト』の材料の写真

そして、時短の決め手になるのが、マグカップ。耐熱のものを用意しましょう。

マグカップの写真

まずは、食パンを6等分に切ります。

食パンを6等分に切った写真

続いてマグカップに卵、『雪印メグミルク牛乳』、砂糖を入れましょう。

マグカップに卵、雪印メグミルク牛乳、砂糖を入れた写真

箸などを使って、よくかき混ぜます。

マグカップに卵、雪印メグミルク牛乳、砂糖を入れ箸で混ぜた写真

よく混ざったら、食パンを投入!食パンがしっかり卵液を吸うように、上から押し込みましょう。

マグカップで作った卵液に切った食パンを入れた写真

食パンが卵液に十分浸ったら、その上にクリームチーズを乗せます。

今回はペースト状のクリームチーズを計量して使いましたが、固形の場合は角切りにするとGOOD!

卵液に浸した食パンにクリームチーズを乗せた写真

クリームチーズを乗せたら、500Wの電子レンジで3分間温めましょう。

『クイックフレンチトースト』の材料を全て加えレンジにいれた写真

ここで大事なのはマグカップから目を離さないこと。レンジの中で食パンが膨張するので、目を離すとこぼれてしまう可能性が…。

こぼれそうになったら一度レンジを止めて、様子を見ながら温めてください。

『クイックフレンチトースト』の材料を全て加えレンジで温めている写真

レンジからマグカップを取り出したら、最後にお好きな具材をトッピングして完成!

温め終わった『クイックフレンチトースト』にはちみつをかけている写真

筆者はシナモンパウダーにハチミツ、冷凍ブルーベリーを乗せてみました。

『雪印メグミルク』提案の『クイックフレンチトースト』を盛り付けた写真

食べてみると、食パンの中央までしっかり甘い卵液が染み込んでいて、甘さもベスト!

普通のレシピで作ったものに負けず劣らず、ふわふわ食感で大満足の筆者でした。

完成した『クイックフレンチトースト』をフォークですくってみた写真

実際に調理した時間を計ってみましたが、本当に5分で作れて感動!こんな簡単においしいフレンチトーストができてしまうなんて驚きです。

誰でも手軽に短時間で作れるので、みなさんもぜひ作ってみてくださいね。


[文/キジカク・構成/grape編集部]


出典
雪印メグミルク株式会社