冬はおいしいリンゴが食べられる季節です。リンゴの生産地といえば青森県や長野県が有名でしょう。

先日、家族と青森県へ旅行してきた筆者。お土産に大好きなリンゴをたくさん購入したので、おいしそうな食べ方はないかと調べていたところ、JA全農あおもりのおすすめレシピを見つけました。

レシピを見るや否や「たった5分でできる焼きリンゴ!?」「リンゴのプロのおすすめなら試すしかない」という想いにかられたので、実際に作ってみることにしました!

JA全農あおもりおすすめ!『レンジで簡単焼きりんご』

『レンジで簡単焼きりんご』を作るのに必要なものはこちらです。

ちなみに、筆者はリンゴ本来の味を楽しむために、無塩バターを使いました。

【材料】

・リンゴ 2ぶんの1個

・バター 5g

・砂糖 大さじ2ぶんの1杯

リンゴの写真

今回使用したリンゴの種類は『早生(わせ)ふじ』。見た目はメジャー品種の『ふじ』に似ていますが、ふじよりも1か月程度早く収穫される品種です。

まずは下準備からスタート。最初にリンゴを半分にカットしていきます。

カットリンゴの写真

続いて半分に切ったリンゴの芯をスプーンでくり抜きましょう。種やその周りの繊維を取り除いた後、さらに深めに掘るのがポイントです。

カットリンゴの写真

次にリンゴを深めの耐熱容器に入れ、くり抜いたところにバターと砂糖を加えます。

焼きリンゴを作っている写真

ラップをふんわりとかけ、500Wの電子レンジで5分加熱。

リンゴをレンジで温める写真

レンジから取り出した様子がこちらです。もうすでに焼きリンゴのような見た目に…!

焼きリンゴの写真

最後にお好みのトッピングを足して完成です。

シナモンパウダーをかけてみたところ、リンゴの甘みが増して、まさに焼きリンゴそのもの!

シナモンの香りも相まって、上品なスイーツに仕上がりました。

焼きリンゴの写真

中のバターや砂糖がリンゴの水分とともに皿の底に流れ出ているので、リンゴを崩して混ぜながら一緒に食べるのがおすすめです。

焼きリンゴの写真

ほかのアレンジ方法としてバニラアイスクリームを足してみても、また違った味わいを楽しめそうですね。

たった5分でできるので、みなさんも旬のリンゴで楽しんでみてはいかがでしょうか。


[文/キジカク・構成/grape編集部]


出典
@jazennoh_aomori