自身も配達員として働いた経験があり、宅配便にまつわるエピソードを漫画で描いている、ゆきたこーすけ(@kosukeyukita)さん。

山間部で働く宅配ドライバーの『あるある』な体験談に対し、思わず「あるあ…ないない!」とツッコミを入れてしまったといいます。

人口と家屋が少ない地域ならではといえる、都市部に住んでいる人は驚くであろうエピソードをご覧ください!

『田舎の配達員あるある』にツッコミ!

配達員の漫画
配達員の漫画

配達先が不在だった場合、従来であれば不在票を残し、荷物を持ち帰るシステムになっています。

しかし、自宅に人がいない場合も、田舎では大声で名前を呼ぶことでなんとかなるケースもあるのだとか!

家屋の少ない、のどかな環境では、周囲を歩いている人がほとんどおらず、喧騒とは無縁。そのため名前を呼ぶと、配達相手から返事がくるのだそうです。

都市部に限らず、少しでも住人の多い地域では体験しないであろう、田舎ならではの『あるある』に、ゆきたさんも衝撃を受けたといいます。

どうやら、これは本当に『あるある』な模様。漫画を読んだ配達員経験者から、共感する声が上がっています。

・マジであるある!不在だったら畑を見に行きます。

・むしろ田舎では、この方法をとらないと配達を完了できないです!

・配達員以外も、基本的に家に人がいない場合は大声で呼んで探しますね。

人口の少ない地域ならではの、コミュニケーションの温かさを感じますね!


[文・構成/grape編集部]


出典
@kosukeyukita