「刺激が足りない人におすすめしたい」

そんな言葉を投稿したのは、全国農業協同組合連合会(通称:JA全農)の広報部のX(Twitter)アカウント(@zennoh_food)。

餃子の皮を使った、ちょっと変わった『スイーツレシピ』を紹介し、反響を呼んでいます。

リンゴとクリームチーズを包んだ餃子が絶品…!

餃子といえば、肉や野菜を混ぜた餡を皮で包んで、火を通して食べるのが一般的ですね。

しかし、今回紹介されたのは、リンゴとクリームチーズを包んだ甘い餃子!

ひと口食べれば「なにこのモチウマ…」とうっとりするような、味わいだといいます。

JA全農のリンゴ餃子レシピの写真

用意するのは、リンゴと餃子の皮、クリームチーズ、レモン汁、砂糖、バターです。

まず、リンゴの皮をむき、1cm角に切ります。耐熱容器に入れてレモン汁をかけ、電子レンジで2分ほど加熱しましょう。

加熱できたら、リンゴとクリームチーズを餃子の皮で包みます。リンゴが冷めてから包み始めるのがおすすめですよ。

JA全農のリンゴ餃子レシピの写真

フライパンに砂糖とバターを入れて加熱し、紅茶色になったら餃子を入れます。

焼き目が付いたら蒸し焼きになる程度の水を加えて、蓋をしてください。

JA全農のリンゴ餃子レシピの写真

水分がなくなってきたら、お皿に盛り付けて完成です!

JA全農のリンゴ餃子レシピの写真

蒸し焼きにすることで、餃子の皮がモチモチになり、絶品なのだとか。

投稿には「何これおいしそう…!」「リンゴが余っているからやってみる」「アップルパイが好きなので、これも絶対に好き」といったコメントが寄せられました。

餃子の皮が余った時や、リンゴをアレンジして食べたい時などにもピッタリなこのレシピ。

定番ではなく「新しい刺激が欲しい」という人は、試してみてはいかがでしょうか!


[文・構成/grape編集部]


出典
@zennoh_food