大学受験に挑むには、多大な努力が必要。

たくさんの受験生が「遊びたい」「ダラダラしたい」という気持ちをグッと堪えて勉強に励み、試験に向けての準備をするでしょう。

時には、心が折れてしまいそうな出来事もあるはず。そんな大変な日々を乗り越えながら、試験当日を迎えるのです。

受験生が駅広告に「泣きそうになった」

2024年2月、大学の試験を受ける予定があった、浪猿(@yozeminoroen)さん。

試験当日、会場に向かおうと駅に行くと、ある広告が目に入ったそうです。

「この広告を見た瞬間に、泣きそうになった」

こんなコメントとともに投稿された、こちらの写真をご覧ください。

駅広告の写真

そこには、これから多数の『問題』に挑みに行くであろう受験生を、応援するメッセージが!

大きなプレッシャーがある中、試験を受けようと外に出た受験生に、まずは『第0問』として「ここにいる自分を褒めよ」と伝えたのです。

こちらは大学受験予備校の『代々木ゼミナール』が掲出した広告。浪猿さんが通う予備校でもあったため、よりグッときてしまったといいます。

ちなみに浪猿さんは、早稲田大学などを志望している受験生。広告に書かれた『慶應義塾大学受験生』ではありませんが、それでも込み上げるものがあったようです。

投稿には「広告に感動した」という声や、全国の受験生を応援するコメントが相次ぎました。

・素敵な言葉。まずは自分を褒めてあげてほしい。

・ヤバい…これを見て泣きそうになった。

・これは泣く。粋だなぁ…。

・受験なんて10年以上も前なのになんか泣きそうになった。心に響く。

・いい広告。受験生のみんな偉いよ、頑張って!

広告を見た受験生はきっと、この『第0問』をきっちりとこなして、試験会場へと向かったはず。

自分に向けた「よく頑張った」を胸に抱きながら、たくましくかっこいい姿で、試験に臨んだことでしょう…!


[文・構成/grape編集部]


出典
@yozeminoroen