幼い子供は、なんでも親の真似をしたがるものです。

おままごとなどの『ごっこ遊び』はもちろん、外出時にはバスやエレベーターのボタンを押したがるなど、日常生活でもその好奇心は発揮されるでしょう。

そんな子供たちに、協力する大人もいることを忘れてはいけません。

配達員がやり直し?

配達員として働いた経験をもとに、漫画を描いている、ゆきたこーすけさん。

自身の体験談はもちろん、読者から寄せられたエピソードも公開しています。

ある日、配達員から荷物を受け取った女性。

受領印を押しているところに、息子がものすごいスピードでやってきて…。

配達員の漫画
出典:運び屋ゆきたの漫画な日常
配達員の漫画
出典:運び屋ゆきたの漫画な日常

息子はどうしてもハンコを押したかった様子。ですが、すでに母親が押してしまったためぐずり始めます。

すると、見かねた配達員が荷物を持って外に出ると…配達のテイク2を始めたのです!

息子は無事にハンコを押し、満足したことでしょう!

ゆきたさんによると、子供がハンコを押したがるのは配達員にとって『あるある』なのだとか。母親がハンコを押した後に、子供にもう一度押してもらうことは、よくやっていたといいます。

もちろんこうしたサービスは業務外であり、配達員の親切心によって行われているのでしょう。

漫画を読んだ人たちからは「すごい」「神対応」といった反響が上がりました。

『配達のリテイク』に慣れた配達員たちは、演技力もめきめきと向上していきそうですね!


[文・構成/grape編集部]


出典
運び屋ゆきたの漫画な日常