野菜や肉を油でサッと炒め、味付けをする『炒め物料理』。

手軽で栄養をバランスよく摂取できるので、いろいろなレパートリーを覚えておくと、便利ですよね。

豚バラ肉とホウレンソウのガーリックポン酢炒め

調味料などを製造、販売する株式会社Mizkan(以下、ミツカン)は、Instagramアカウントで、豚バラ肉とホウレンソウを使った炒め物のレシピを公開しました。

炒め物の定番具材の豚バラ肉は、脂身がジューシーでほんのり甘さがあるのが特徴です。

ミツカンのレシピでは、豚バラ肉のおいしさを生かした食べ方を紹介しています!

【材料(2人ぶん)】

・豚バラ肉 薄切り 150g

・ホウレンソウ 2ぶんの1束 

・ニンニク 薄切り 1かけぶん

・赤トウガラシ 小口切り 少々

・サラダ油 大さじ1杯

・『味ぽん』 大さじ2杯

まず、ニンニクは薄切り、赤トウガラシは小口切り、豚バラ肉は4cmほどの長さ、ホウレンソウは3cmほどの長さに切っておきます。

フライパンでサラダ油を熱したら、強めの中火で豚バラ肉をカリッとするまで焼いてください。

豚バラ肉を奥側に寄せてフライパンを傾け、油がたまったところにニンニクと赤トウガラシを入れて、香りが立つように炒めましょう。

全体を混ぜたら、ホウレンソウの茎の部分を加えて炒めてください。火が通ったら葉の部分を加え、『味ぽん』を入れて炒めてからめましょう。

後は、器に盛り付ければ完成です!

豚バラ肉はこってりとしている印象がありますが、カリッとした食感と『味ぽん』の酸味でさわやかな味わいになります!

ほうれん草のアクが気になる人は、下ゆでして水けを絞ってから使ってもいいでしょう。

投稿には「ビールがすすみそう!作ってみます」「これは絶対おいしい!アク抜きをしなくてもいいのなら楽ですね」などの声が寄せられていました。

味付けも『味ぽん』だけで決まるというのが、嬉しいポイント。今晩のおかずに、ぜひ試してみてください!


[文・構成/grape編集部]


出典
mizkan_official