8・6笛吹大会で熊ゴローとのWRESTLE-1リザルト王座初防衛戦を控える伊藤貴則が31日、WRESTLE-1事務所で会見。W-1GPで近藤修司から金星を奪い、土肥孝司からリザルト王座を奪取した伊藤は先輩の熊ゴローを「セントーンバカ」呼ばわり。「近藤修司と土肥孝司に勝っているわけであって、僕は今。熊ゴローはその下じゃないですか? だから、負けるわけにはいかない」と自信満々に豪語し、その先にさらなる先輩食いを見据えた。(※写真、情報提供:WRESTLE-1)

【会見の模様】
▼伊藤「大阪大会で土肥孝司に勝って、第2代リザルトチャンピオンになりましたACEの伊藤です。この間の後楽園ホールで近藤修司に勝って、大阪で土肥孝司に勝って、次山梨のリザルトを懸けて闘う相手が熊ゴローということで。そもそも、僕が何も言われてないというか、勝手に決められている試合なんで、これはなんで決まったんかなっていう話なんですけど。まあ、土肥孝司を倒したからそのパートナーの熊ゴローが来たのかなっていう感じなんですけど、シングルではやったことがないんで。タッグでしか闘ったことがないんで、ここでこの間の土肥孝司に続いて熊ゴローを倒したら、今のタッグチャンピオン2人に勝つということなんで、それはそれで楽しみにしています」

──経緯としては熊ゴロー選手が表明したから、やりますということだと思うんですけど、熊ゴロー選手の勢いはどのように感じていますか?

▼伊藤「まあ、勢いっちゅうか、元気なのはいつも元気なんで。でもね、近藤修司と土肥孝司に勝っているわけであって、僕は今。熊ゴローはその下じゃないですか? だから、負けるわけにはいかないですね。まあ、セントーンしかないんで、あのセントーンバカは。僕は土肥孝司と近藤修司に続いて熊ゴローを。僕の上の先輩をシングルでドンドンドンドン潰していきたいと思います」

──伊藤選手はまだ文体のカードが発表されてないですけど、これで熊ゴロー選手を倒せば実績になりますし、文体でも結構いいカードを与えられるんじゃないかと思うんですけど、いかがですか?

▼伊藤「そうですね。文体自体は出たことないんで、出られること自体楽しみがあるんですけど、このままリザルトを守ったら、おいおいリザルトのカードが組まれるんじゃないかと思うんですけど、熊ゴロー戦を防衛して文体でいいカードを組んでもらえたらうれしいですね」