大森隆男取締役が1日、神奈川・横浜市の全日本事務所で会見し、ジェイク・リーが左ヒザ負傷のためしばらくの間欠場すると発表した。これに伴い、野村直矢と組んで保持していた世界タッグ王座は返上。8・27両国大会で「野村&Xvs関本大介&岡林裕二」の新王者決定戦が行われることになった。

 ジェイクは7・5新木場大会の試合中に左ヒザを負傷した。7・8横浜、7・9千葉の2大会を欠場し、完治しないまま7・15上尾大会で復帰。7・17後楽園大会では野村と組んでゼウス&ボディガーを破り、世界タッグ王座初戴冠を果たした。初防衛戦となった7・28名古屋大会ではビッグガンズとの再戦に勝利したものの、試合中に左ヒザを悪化させてしまい、7・30大阪大会を欠場した。

 帰京後、精密検査を受けたジェイクは「左膝前十字靭帯断裂、内側靭帯損傷、骨挫傷」と診断され、しばらくの間戦列を離れることになった。これに伴い、野村と保持する世界タッグ王座は無念の返上。8・27両国大会で野村(パートナーは未定)と関本&岡林の間で新王者チーム決定戦が行われることになった。

※詳細は後ほど掲載します