エディオンアリーナ大阪(府立体育会館)『THE NEW BEGINNING in OSAKA』(2019年2月11日)
○内藤哲也&BUSHI&鷹木信悟vsタイチ&エル・デスペラード&金丸義信×

 RPG 3KがIWGPジュニアタッグ王者のBUSHI&鷹木を花道で足止め。ベルトを奪い取り、タイトル挑戦を表明した。

 2・3札幌でIWGPインターコンチネンタル王者の内藤はタイチを、IWGPジュニアタッグ王者のBUSHI&鷹木は金丸&デスペラードを退けて、タイトル防衛に成功した。その後も、ロス・インゴ軍と鈴木軍の抗争は続いているが、内藤はことあるごとにタイチに向けて、真意不明ながら「一歩踏み出す勇気」を説いてきた。タイチは「夢にまで出てくるんだよ、おめえが」と困惑するばかり。そんな状態の中、内藤&BUSHI&鷹木組とタイチ&金丸&デスペラード組が第3試合で対戦した。

 苛立ちをぶつけるかのように、タイチはマイクスタンドを振り回してゴング前から内藤を奇襲。そのまま内藤を攻め立てて、しばらく鈴木軍ペースが続いた。タイチはチョーク攻撃で内藤を絞め上げると、ミドルキックで蹴り飛ばし、側頭部をローキックで蹴り飛ばす。しかし、内藤はタイチ式ラストライドを切り抜け、ドロップキックをぶち込んで窮地を脱した。

 ここから、BUSHI&鷹木と金丸&デスペラードがタイトルマッチさながらに一進一退の攻防を展開。激しく競り合った末に、鷹木が金丸をブレーンバスターでぶん投げて、内藤にスイッチする。内藤は金丸にコーナーミサイルをぶち込むと見せかけて、エプロンでタイチを奇襲。リングに飛び込んできたタイチのジャンピングハイキックを回避して、延髄斬りで場外に排除する。ここがチャンスと、ロス・インゴ軍は連係を駆使してラッシュ。最後は鷹木のパンピングボンバーから内藤のデスティーノが火を噴いて、金丸を仕留めた。

 試合後、内藤とタイチはロープを挟んで対峙し、しばらく視殺戦を繰り広げる。ロス・インゴ軍は花道から下がっていくが、BUSHI&鷹木の前に“RPG 3K”YOH&SHOが登場。ジュニアタッグのベルトを強奪し、ブーイングを浴びながらリングに上がると、YOHがマイクを持ち、「お前らに言いたいことがあるんだよ。この状況を見て、何が言いたいかわかるよな?」とアピールした。

 鷹木が「誰かと思ったら3Kじゃねえか。ジュニアタッグリーグで優勝しといて、タイトルマッチでは無様に負けてたな。そんな無様な3Kが何が言いたいかわかるわけねえだろ? まさかお前ら、その俺たちのベルトに挑戦したいとか言うんじゃねだろうな?」と言い返すと、YOHは「そのまさかだ!」と絶叫。「この状況を見て、それしかないだろ? 次の挑戦者俺たち、RPG 3K。絶対にベルトを獲ってやる。ジュニアタッグにいい風吹かせます」と改めてタイトル挑戦を表明すると、ロープを挟んでBUSHI&鷹木とにらみ合った。

 バックステージで「そろそろどっちのチームが強いのか、ハッキリさせてやるよ」(BUSHI)、「やり方が気にくわねえぞ。3K、SHO、YOH。場所はどこでもいい。やるぞ。潰し合いだ」(鷹木)と王者組は迎撃を宣言し、両チームの対戦が決定的となった。