『Navig. For The Progress 2019』神奈川・新百合トウェンティワンホール(2019年2月13日)
○中嶋勝彦&潮崎豪vsモハメド ヨネ&クワイエット・ストーム×

 中嶋がストームを狂気のスリーパーで絞殺。潮崎&中嶋組がGHCタッグ王座挑戦権を“予約\”した。

 約2ヶ月前にはタッグベルトを巻いていた前々王者・潮崎&中嶋組。この日は当初、GHCタッグ次期挑戦者の小峠篤司が中嶋と組んで王者“50ファンキーパワーズ”ヨネ&ストーム組相手の前哨戦に臨む予定だったが、負傷欠場により直前でカードが変更された。

 序盤から一進一退のシーソーゲームとなったが、終盤に入って決定機をつかんだのはファンキーパワーズ。得意の連係攻撃で中嶋の動きを止めるや、必殺合体技のファンキーバスターボムを狙う。

 だが、潮崎が駆けつけて阻止。中嶋も強烈なトラースキックでストームの顔面を的確に打ち抜いて反撃に転じると、すかさず飛び込んだ潮崎も豪腕ラリアットを発射だ。潮崎がヨネを回転地獄五輪でセーブするなか、中嶋は不気味な笑みを浮かべながらストームの首にスリーパーで絡みつくと、狂気の笑い声を上げながら絞めに絞めまくる。力が完全に抜けたストームの姿に危険と判断した西永レフェリーが試合を止めた。

 いわば小峠欠場による“棚ぼた”で得たチャンスをモノにして王者撃破の既成事実を作り上げた中嶋は、「見た?(笑) 勝っちゃった、ぶわっはっはっは(笑)」とサディスティックな笑い声を上げ、戦慄のスリーパーも「気持ちよかった(笑)」とあっさり一言。

 潮崎も「せっかくこのカードが組まれたからには、見せないといけないでしょう。埋もれてばかりじゃいられないからね」とタッグ王座再戴冠を見据え、中嶋も「まぁこれだけは覚えといて。現チャンピオンに中嶋勝彦と潮崎豪が今日、ここで勝ったってこと。そこだけは覚えといて。これがどうなるか…たっのしみだねえ〜」と挑戦権の“予約\”を強調してみせた。

【試合後の潮崎&中嶋】

▼中嶋「見た?(笑) 勝っちゃった、ぶわっはっはっは(笑) タッグチャンプに。強かったねえ、強かったよ(笑) チャンピオンだもーん。でも、今日は元タッグチャンピオンの中嶋勝彦と潮崎豪が、勝っちゃった(笑)」

▼潮崎「小峠の欠場でこういうカードになってね。俺らも黙ってられないし。せっかくこのカードが組まれたからには、見せないといけないでしょう。埋もれてばかりじゃいられないからね。ここは俺たちが勝って当然。てことは、俺たちのほうが強い。最後、絞め落としましたけど?」

▼中嶋「気持ちよかったねえ(笑) まぁこれだけは覚えといて。現チャンピオンに中嶋勝彦と潮崎豪が今日、ここで勝ったってこと。そこだけは覚えといて。これがどうなるか…たっのしみだねえ〜。どうなるんだろ(笑)」