『HEIWA Presents G1 CLIMAX 29』広島サンプラザホール(2019年7月24日)
Bブロック公式戦 ○ジェイ・ホワイトvsジェフ・コブ×

 外道を介入させ、なりふり構わぬ攻撃に出たジェイがコブを返り討ち。G1初白星を挙げ、開幕から続いた連敗から脱出した。

 優勝候補の一角と目されていたジェイだが、開幕からまさかの3連敗。Bブロック単独最下位に沈んだ。ここで負ければ決勝進出が絶望的となる4戦目の相手は脅威のパワーを誇るコブだ。コブも黒星が先行しているものの、3戦目のジュース・ロビンソン戦で初白星を挙げたばかりで調子を上げている。7・20後楽園での前哨戦でもコブの力強さが目立っていた。

 ジェイはコブの気持ちを逸らすように、序盤から何度も場外に退避してけん制する。しかし、冷静なコブはリングに入ったジェイをドロップキックで蹴り倒し、首根っこを掴んで強引にぶん投げると、場外戦でもエルボーを連打した。

 セコンドの外道がジェイを救出。すると、コブは外道をリングに押し入れ、制裁しようとにじり寄ったが、そこをジェイが背後から襲撃。首筋にエルボーを振り回すと、エプロンの垂れ幕を使って首を絞め、ネックブリーカードロップで場外マットに叩きつけた。このまま首攻めで主導権を握る。コブの動きが一気に鈍った。

 コブは豪快な投げ捨てフロントスープレックスで反撃の狼煙。重たい逆水平からショルダースルー、サイドスープレックス、ブレーンバスターと投げまくった。その場飛びムーンサルトプレスもさく裂。一気にツアー・オブ・ジ・アイランドの構えに。ロープを掴んでエプロンに逃げたジェイはスタンガン、DDTで再び首攻めへ。コンプリートショットやバックドロップ、裏投げなど大技ラッシュに出るも、コブは正面から迎え撃ち、フォールアウェイスラムでぶっこ抜く。コーナー付近で座り込んだジェイの足を引っ張りあげて体を掴むと、アスレチックプレックスも敢行した。外道のカットをものともせずに、エプロンからぶっこ抜いての雪崩式ブレーンバスターも豪快に決まる。

 そして、コブはツアー・オブ・ジ・アイランドで勝負に出るが、ジェイは体に絡みついて抵抗。コブが振り払うが、そこでレフェリーと交錯してしまう。ここがチャンスと、外道がメリケンサック片手に乱入したが、コブはオクラホマスタンピートで返り討ちにした。しかし、ここで隙を突いたジェイがアグレッシブに動く。レフェリーがうずくまる中、互いに大技を狙うスリリングな展開となるが、ジェイはローブローからスリーパースープレックスを決めると、再びブレードランナーの構えに。粘るコブはジャーマンで投げ飛ばし、またもツアー・オブ・ジ・アイランドを仕掛けたものの、不時着したジェイは今度こそブレードランナーを敢行し、何とか3カウントをもぎ取った。

 外道を暗躍させて、どうにかジェイが初白星。さすがに嬉しいようで、外道と肩を組んで花道を去っていった。次戦は7・28名古屋。ジェイは鷹木信悟と、コブはタイチとそれぞれ対戦する。