『2019世界最強タッグ決定リーグ戦』新潟・小千谷市総合体育館(サブアリーナ)(2019年11月12日)
「2019世界最強タッグ決定リーグ戦」公式戦 ○パロウ&オディンソンvsKAI&TAJIRI×

 TAJIRI&KAIの連勝ならず。The Endが毒霧を食らいながらも初戦白星を飾り、栄冠獲りへと始動した。

 昨年の最強タッグで初来日を果たしたThe Endは、今年6月の再来日で当時の世界タッグ王者・暴走大巨人に挑戦。ベルト獲りはならなかったものの、その強さを示してみせた。

 5ヵ月ぶり3度目の来日にして、2年連続出場となった最強タッグでThe Endは「俺たちの目的はただ一つ。優勝トロフィーをいただくことだ」と宣言。この日、初戦を迎えた。相手はTAJIRI&KAI。開幕戦で世界タッグ王者・ゼウス&崔を料理したばかりだ。

 The Endは体格差、パワー差で圧倒した。TAJIRI&KAIがリングアウト勝ちを狙っても難なく阻止し、鉄柱攻撃で返り討ちに。ここからKAIに集中砲火を浴びせ、パロウがパワーボムの体勢から放り投げると、オディンソンが後頭部にエルボースマッシュを打ち込む。次の瞬間、パロウがラリアットを叩き込む連続攻撃を浴びせた。

 百戦錬磨のTAJIRI&KAIもこのままでは終わらない。オディンソンにTAJIRIがハンドスプリングエルボー、KAIがトラースキックを立て続けに見舞い、二人がかりでパロウの足を踏みつけたり、TAJIRIがつかんだパロウのアゴヒゲをKAIが殴りつけたりと、あの手この手で翻ろうにかかる。The Endがスーパーコライダーで正面衝突させても、ヘル・オン・アースを不発に終わらせると、TAJIRIがオディンソンの尻にグリーンミストを噴射。回転エビ固めを踏ん張ったパロウの顔面にも毒霧を浴びせた。が、パロウはオディンソンと手をつないで何とか踏みとどまると、そのままTAJIRIを押し潰して3カウントを奪った。

 TAJIRI&KAIの連勝を阻止したThe Endが辛くも白星発進を切った。毒霧の餌食となった二人は試合後、怒り心頭だったが、「The Endからのメッセージだ。このリーグ戦に優勝し、タッグベルトもいただくぞ!」(パロウ)と改めて全日本のタッグの勲章総なめを宣言した。次戦は明日11・13那須大会で、相手は関本&ボディガー。初戦で難敵を突破したThe Endが次はBJWタッグ王者狩りに臨む。

 一方、TAJIRI&KAIは2戦目にして初黒星。次戦は同じく11・13那須大会で、これが初戦となるジェイク&野村と対戦する。

【試合後のパロウ&オディンソン】
▼オディンソン「(せき込むパロウをみやりながら)毒霧なんかしやがって!」

▼パロウ「クソ! The Endからのメッセージだ。このリーグ戦に優勝し、タッグベルトもいただくぞ!」

▼オディンソン「The End is here!」