『2019世界最強タッグ決定リーグ戦』富山・高岡エクール(2019年12月3日)
「2019世界最強タッグ決定リーグ戦」公式戦 ○ジェイク・リー&野村直矢vsパロウ&オディンソン×

 ジェイク&野村が苦闘の末にThe Endを破って5勝目。首位タイに浮上した二人は「いつまでも宮原健斗って言っていられないと思うし、俺たち二人があの二人から獲って、全日本の中心に立ちますよ」と宮原組撃破で有終の美を飾っての優勝を宣言した。

 ジェイク&野村はここまで3勝3敗1不戦勝で勝ち点8。公式戦を2戦残して優勝圏内に生き残ってきた。8戦目となったこの日の相手は同じく勝ち点8のThe End。体格差もあって苦戦を強いられた。

 奇襲攻撃を仕掛けられたジェイク&野村はパロウの両腕ラリアットでまとめてねじ伏せられ、場外戦でもThe Endに攻勢を許してしまう。そのままジェイクが劣勢となり、オディンソンのアバランシュホールド、パロウのフライングボディプレス、フォールアウェイスラムの猛攻に防戦一方。野村が挽回を図っても、オディンソンの変型バックドロップで動きを止められ、パロウのアルゼンチンバックブリーカーに苦もん。ハイアングルのチョークスラムで叩きつけられた。

 どうにも流れがつかめないジェイク&野村にThe Endのさらなる猛攻が襲いかかる。オディンソンの打点の高いドロップキックを食らったジェイクにオディンソンのデスバレーボムで投げられたパロウの巨体がモロに直撃。野村が援護射撃しようとスピアーで突っ込んだものの、The Endにキャッチされてダブルブレーンバスターで返り討ちにされてしまう。さらにスーパーコライダーも敢行されてピンチを迎えた。

 それでもジェイクがThe Endのロケットランチャーを自爆させて突破口を開いた。ダブルブレーンバスターで投げてパロウを撃退してオディンソンを孤立させると、ジェイクのレッグラリアットと野村のスピアーを同時発射。さらに野村がフロッグスプラッシュ、ジェイクがランニングローキック、ジャイアントキリングで一気にたたみかけると、高角度バックドロップを爆発させて逆転勝利を決めた。

 ジェイク&野村がThe Endを攻略して5勝目。勝ち点を10に伸ばし、ジョー&秋山、諏訪魔&石川と並ぶ首位タイに浮上した。残る公式戦は12・9後楽園の宮原&青柳戦のみ。4失点の暴走大巨人が12・7北本大会でゼウス&崔に勝利した時点でジェイク&野村は自力優勝が消滅する。望みをつなぐには最終戦で勝利するしかない。ジェイクが「次、後楽園。宮原&青柳組だよ。ここいらであいつらからしっかり勝利を奪います」と宣言すれば、野村も「俺らが獲った方が絶対面白いと思いますよ」と断言。「いつまでも宮原健斗って言っていられないと思うし、俺たち二人があの二人から獲って、全日本の中心に立ちますよ」と暮れの祭典制覇による新時代の幕開けを描いた。

 一方、The Endは4敗目を喫して8点止まり。公式戦は12・9後楽園のジョー&秋山戦のみで、これに勝利しても勝ち点10。自力優勝が消滅してしまった。

【試合後のジェイク&野村】
▼ジェイク「よし、5勝目。やっと5勝目だ。自力で5勝目つかみ取ったぜ俺ら。ねぇ、野村さん」

▼野村「これでもう1位だ。10点でしょ? 1位。次の一戦が勝負を分けると思います」

▼ジェイク「次、後楽園。宮原&青柳組だよ。ここいらであいつらからしっかり勝利を奪います」

▼野村「俺らが獲った方が絶対面白いと思いますよ。いつまでも宮原健斗って言っていられないと思うし、俺たち二人があの二人から獲って、全日本の中心に立ちますよ」

▼ジェイク「高岡もっと盛り上げるけど、日本中もっともっと盛り上げるから。そのために俺らは最強タッグ優勝するぜ」

▼野村「ジェイク&野村組に任せとけ」