『GLOBAL Jr. LEAGUE 2020』アクロス福岡(博多)(2020年1月21日)
Bブロック公式戦 ○鈴木鼓太郎vsタダスケ×

 鼓太郎がジュニアリーグ戦Bブロック公式戦でタダスケを破って白星発進。2連敗となったRATEL'Sのタダスケを突破絶望に追い込んだうえで、兄貴分・小川良成が巻くGHCジュニア王座に並々ならぬ興味を示した。

 今リーグ戦“最後発”で初戦を迎えた鼓太郎は、初戦黒星で後がないタダスケと対決。腕攻めでペースを握ったものの、中盤過ぎにはタダスケが随所で持ち前のパワーを発揮して巻き返す。タイガードライバーもオービー・トライスで切り返すと、雪崩式フランケンシュタイナーも踏ん張って雪崩式パワーボムをズバリ。さらにはスワントーンボムを投下した。

 だが、カバーに来たタダスケを丸めこんだ鼓太郎は、エンドレスワルツへ。肩を上げたタダスケもラリアットからの2PACを狙ったものの、鼓太郎はさらに回転十字固めで切り返して、技アリの3カウントを奪ってみせた。

 昨年準優勝のタダスケはこれで2連敗、ブロック突破は絶望的な状況となった。白星スタートとなった鼓太郎は「狙い通り。2PACが来ると思って、2PACが来るように試合を運んだから。それに被せる技を1個用意してたから。ココが違う」としてやったりで頭を指差した。

 2年ぶりの優勝がかかる鼓太郎だが、現在のGHCジュニア王者は同門STINGERの兄貴分・小川。「A、B、C、D全部STINGERが上がって、30日の後楽園は全部STINGER対決で。俺が抜けて、小川さんも抜ければ準決勝の相手は小川さんになるワケでしょう? メチャクチャやりたいね」と目を輝かせた鼓太郎は、「持つ人間によって輝きが変わるのがあのベルト。今はあのベルトがメチャクチャ欲しい」と“小川が巻くGHCジュニア”に並々ならぬ興味を示した。


【試合後の鼓太郎】
――初戦でタダスケを下した

▼鼓太郎「狙い通り。2PACが来ると思って、2PACが来るように試合を運んだから。それに被せる技を1個用意してたから。(※頭を指差しながら)ココが違う」

――ちょうど1年前、ここ博多でタダスケに一騎打ちで初めて敗れているが?

▼鼓太郎「そうだっけ? 忘年会やったんで忘れちゃいましたね。いいじゃない? A、B、C、D全部STINGERが上がって、30日の後楽園は全部STINGER対決で。俺が抜けて、小川さんも抜ければ準決勝の相手は小川さんになるワケでしょう? メチャクチャやりたいね」

――小川が巻くGHCジュニアは輝いて見える?

▼鼓太郎「そうですね。持つ人間によって輝きが変わるのがあのベルト。今はあのベルトがメチャクチャ欲しい」

――次は覇王戦だが?

▼鼓太郎「散々言ってるのに、何も返してこない! 強さもないし、キレのいい発言もないし。なんか言ってこいって。“覚悟”を決めなきゃいけないのは、俺なのか、お前なのか。どっちなんだよ」