『GLOBAL Jr. LEAGUE 2020』高知市文化プラザ・かるぽーと小ホール(2020年1月23日)
Bブロック公式戦 ○鈴木鼓太郎vs覇王×

 鼓太郎がジュニアリーグ戦Bブロック公式戦で覇王に貫禄勝ち。最終公式戦となった覇王を脱落に追い込んだうえで、4ブロック通じて唯一の全勝をキープし、1・25大阪大会でのディック東郷戦へと駒を進めた。

 1・4後楽園大会のGHCジュニアタッグ王座戦でも火花を散らした鼓太郎と覇王が、ジュニアリーグ戦の舞台でも激突。最終公式戦で“勝利”しか望みをつなぐ道がない覇王が積極的に仕掛けた。のっけからトペ・スイシーダを放つなどしてかく乱し、鼓太郎のボディ攻めもしのいで得意のトルネードDDT、トップロープ超えのノータッチ・トペも敢行して場内をどよめかせた。

 終盤にはトラースキックやグラウンド・ビンタから泥臭くカバーを連発して3カウントを奪いにいったものの、鼓太郎もことごとくキックアウト。逆にトルネードDDTをエクスカリバーで切り返すや、序盤のボディ攻めを効かせて覇王の動きを止め、最後は執ようなボディエルボー連打からのタイガードライバーで完璧な3カウントを奪ってみせた。

 覇王を脱落に追い込んだうえで無傷の2連勝。4ブロック通じて唯一“全勝優勝”の可能性を残した鼓太郎は、続く1・25大阪大会の東郷戦で“引き分け以上”ならブロック突破が確定する。

【試合後の鼓太郎】
――1・12浜松大会の前哨戦に続いて覇王を破ったが?

▼鼓太郎「あいつに2連勝したところで、何の経験値にもならない」

――実際闘ってみて“覚悟”は感じた?

▼鼓太郎「まずさ、身の丈に合ったことを言ってこい。それとな、(※覇王がツイッター上で鼓太郎を出戻り呼ばわりしたことについて)俺は“出戻り”じゃない。あれはな、ただの“家出”だ」

――無傷2連勝となったが?

▼鼓太郎「もともと3試合しかないんだから。全部勝つしかないでしょ。1回でも負けたら、ほぼ無理なんだから」

――残るは大阪でのディック東郷戦

▼鼓太郎「正直言って、ほとんど触れたことないんで。タッグで1回当たったくらいで。そこまで深い絡みをしてないから、初対戦みたいなもん。(公式戦)2試合見させてもらったけど、グラウンドは旨いよね。楽しみな部分? もちろんあるけど、今の俺がそこに負けてたら絶対ダメなんだと自分で感じてるんで。俺が(決勝トーナメントに)行かないと。全員STINGERで決勝トーナメント。まだ行けるでしょ? 普段見られないシングルも見られることになるだろうし、STINGERのなかで一番を決める闘いにもなるだろうから」