『ReOStaff株式会社 presents 陣プロデュース興行〜陣初陣〜GROWIN'UP vol.23』東京・新木場1stRING(2020年2月6日)
○岩本煌史&TAJIRIvs阿部史典&木高イサミ×

 岩本がTAJIRIとの“ひと夏のかげろう”を久々に結成して快勝。イサミからのリベンジ宣言に「待ってます」とアジアタッグをかけての再戦を見据えた。

 2018年のジュニアタッグリーグ戦に優勝した岩本&TAJIRIのひと夏のかげろうが久々に再結成された。相手はこの日の対戦を条件に陣 JIN入りした阿部、そしてかつて岩本が参戦していたBASARAのトップであるイサミ。恩人と後輩との対戦となった。

 イサミ&阿部の左腕攻めに岩本は苦戦。序盤から中盤にかけて捕まる展開が続いた。それでも二人の誤爆を誘うと、阿部にニーアッパーで反撃。TAJIRIもサッカーボールキックで阿部を蹴り飛ばし、卍固めの決め合いを制するなど巻き返す。呼応するように岩本もイサミを一本背負いで投げ飛ばした。

 その後、イサミのアームロックに捕まり、TAJIRIも阿部のお卍固めでセーブされるピンチを迎えた岩本は、イサミのダイビングダブルニードロップを被弾してしまう。それでもTAJIRIが阿部にグリーンミストを噴射してイサミの孤立化に成功。後頭部へのカカト落としを食らっても引かない岩本はカウンターのラリアットで逆襲すると、孤高の芸術をさく裂させて逆転勝利を決めた。

 久々のひと夏のかげろうで岩本がイサミ狩り。「僕が陣 JINでやっていくスタートが今日なわけで、今日を逃すとTAJIRIさんとこうやって組んで戦うってことはもうないのかもしれない」との思いで組んだTAJIRIとのタッグ結成は、陣 JINの一員として上を目指す岩本にとって大きな刺激となったのは確実。もちろんタッグを解消するつもりはなく、「時期が来たらまたTAJIRI&岩本組、またどこかでやりたい」とネクストを見据えた。

 試合後にはイサミが「阿部は助けてくれないからいらない。助けてくれる相方と岩本君、君にリベンジしに来るよ」と雪辱を宣言。これに岩本はアジアタッグのベルトに手を当てながら「継続参戦で出させろってことですし、出させろってことは何か目的があってくるんでしょ? しかも僕を狙うんでしょ? しかないよね」と最古のベルトをかけての再戦希望と解釈。「望むところ」と歓迎したうえで、「イサミさん待ってます。約束しましょう」と呼びかけた。新たな目標を見つけた岩本は、その前にまず2・11後楽園大会でジェイクとともにワイルドめんそーれを返り討ちにし、アジアタッグを守り抜く。

【試合後の岩本&TAJIRI】
▼岩本「懐かしいですね。この前は始まりの時にこの場で一緒に戦って、この場で一緒にコメントしましたけど、今日は始まりじゃないですよね。始まりといえば始まりなんですけど、僕が陣 JINでやっていくスタートが今日なわけで、今日を逃すとTAJIRIさんとこうやって組んで戦うってことはもうないのかもしれないなと思って今日このカードを組ませてもらいました。2年前の自分とは違うと思いますけど、そこは深くは今は聞きません」

――TAJIRI選手から見て岩本選手の成長は感じられた?

▼TAJIRI「一緒に組むと一つの体で動いてるぐらい動きやすい、やりやすいですね。でも何歳年齢が離れていようと、公私ともにこれだけ一体感のある仲間と巡り合えるってなかなかないと思うんで、岩本君と出会えたことを神様にホント感謝してます」

▼岩本「うれしいです。僕が尊敬するTAJIRIさんからそういう言葉をいただけたのはうれしいので、またね、時期が来たらまたTAJIRI&岩本組、またどこかでやりたいなと思います。あと阿部はこれからもよろしく。そしてイサミさん、また待ってますよ」

▼TAJIRI「イサミが最後にぼそっと言ってたのが気になるね」

▼岩本「そうですね。久々に帰ってきましたって言って、じゃあバイバイって言葉は一言も言ってなかったので、継続参戦で出させろってことですし、出させろってことは何か目的があってくるんでしょ? しかも僕を狙うんでしょ? しかないよね。望むところですよ。望むところですけど、まずは2月11日、大森&めんそーれ組、ワイルドめんそーれか。そこをキッチリ防衛しますよ。そのあと。そこで俺が落とせば、それまでの選手なので、キッチリと防衛します。イサミさん待ってます。約束しましょう」