ロウが米国現地時間17日、ワシントン州エバレットのエンジェル・オブ・ザ・ウィンズ・アリーナで開催された。

 WWE女子タッグ王者カイリ・セイン(withアスカ)がナタリアと対戦した。この日、パートナーのアスカがレッスルマニアでのロウ女子王座挑戦権をかけたエリミネーション・チェンバー戦に出場することが決定。試合前、アスカは「お前をエリミネーション・チェンバー戦で倒してレッスルマニアに行ってやる」と宣言し、同じくチェンバー戦参戦が決定したナタリアに対抗心を剥き出し。試合になるとカイリもお尻を叩いてナタリアを挑発。すると怒ったナタリアが平手打ちやスープレックスの猛攻に出て、必殺のシャープシューターを狙ったが、セコンドのアスカが介入する素振りを見せて妨害。レフェリーの死角を突いてナタリアに顔面キックを放った。ナタリアはそのまま場外で起き上がれず、カイリがリングアウト勝ち。チェンバー戦を前にアスカがナタリアに屈辱を味わわせた。PPV大会『エリミネーション・チェンバー』は日本時間3月9日にWWEネットワーク(日本語実況版あり)でライブ配信される。

 “女王”シャーロット・フレアーと王者リア・リプリーのNXT女子王座戦がPPV大会『レッスルマニア36』で行われることが決まった。前日の『NXTテイクオーバー:ポートランド』でリアを襲撃し、「レッスルマニアで会おう」と宣戦布告したシャーロットがこの日、ロウのリングに登場した。以前にロウでリアが対戦要求したことに触れて「私のリングに私が有名にした王座ベルトを持って来るなんて。リアは素晴らしいが、おごれる者久しからず。レッスルマニアではあなたを謙虚にさせてあげるわ」と挑発した。リアvsシャーロットのNXT女子王座戦が行なわれるPPV大会『レッスルマニア36』は日本時間4月6日にWWEネットワーク(日本語実況版あり)でライブ配信される。