『タイガー服部レフェリー引退記念大会』東京・後楽園ホール(2020年2月19日)
タイガー服部レフェリー引退試合II ○SANADA&内藤哲也&鷹木信悟vsオカダ・カズチカ&石井智宏&後藤洋央紀×

 SANADAがオコーナーブリッジで後藤を丸め込み、引退試合となった服部レフェリーが最後の3カウント。翌日にNEVER王座戦を控える鷹木と石井は激しく火花を散らした。

 タイガー服部レフェリー引退記念大会のメインイベントはオカダ&石井&後藤のCHAOSと、内藤&鷹木&SANADAのロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンが激突する6人タッグマッチ。明日2・20後楽園大会でNEVER無差別級王座戦を争う王者・鷹木と挑戦者・石井の前哨戦となるこの一戦が服部レフェリー最後のレフェリングとなった。

 服部レフェリーがリング上で待機する中、後藤、石井、オカダの順でリングイン。オカダはスマホを持ち出し、服部レフェリーとの記念写真を撮影した。そしてSANADA、NEVER王者・鷹木、IWGPヘビー&IC2冠王・内藤の順でロス・インゴトリオが登場。鷹木が石井と近距離で視殺戦を展開し、内藤は服部レフェリーに2本のベルトを持たせてからリングに上がった。

 選手たちをボディチェックした服部レフェリーによる合図で開始のゴングが鳴らされた。先発は鷹木と石井。いきなりのNEVER前哨戦となった。石井が逆水平を打ち込めば、鷹木はエルボー合戦に持ち込む。高速回転の殴り合いは鷹木が連打で押し込んだが、タックル合戦は石井が制して石井コールを起こす。「終わりか?」と挑発した石井はエルボー、逆水平を交互に連打した。

 オカダはロープ越しのサマーソルトドロップで追撃し、後藤もバックエルボーで続いたが、内藤とSANADAが低空ドロップキックを立て続けに見舞って鷹木を援護射撃。鷹木は後藤に追撃すると思いきや、控えの石井にランニングエルボーで突進。石井がリングに飛び込んでエルボー合戦となったが、鷹木は後藤と同士討ちさせ、両腕パンピングボンバーでまとめてなぎ倒した。

 ここから劣勢となった後藤だったが、ローリングラリアットでSANADAに反撃し、内藤にネックブリーカードロップを敢行して打開した。オカダがバックエルボー連発、DDTで攻め立てると、内藤もコルバタで反撃して譲らず。内藤の雪崩式フランケン、オカダのリバースネックブリーカーがいずれも不発に終わり、内藤のジャンピングエルボー、オカダのレインメーカー、内藤のスイングDDTは互いに読み合って決まらず。激しいせめぎ合いの中、オカダが執念でリバースネックブリーカーを決めた。

 そして鷹木と石井が再び向き合う。ショルダータックルで正面衝突すると、石井が串刺しラリアット、鷹木が串刺しパンピングボンバーを打ち合って譲らず。石井がバックドロップで引っこ抜き、挑発的なストンピングやステップキックを連発すれば、鷹木はブレーンバスターで投げ、張り手、エルボーを連打。これを自ら前進して受け止めた石井はパワースラム、ラリアットで反撃したが、鷹木もパンピングボンバーでやり返し、右ストレート、ショートレンジ左ラリアットをお見舞い。意地で倒れない石井もワンツーエルボーで応戦したが、鷹木はカウンターの左ラリアットを叩き込んだ。

 最後はSANADAと後藤の間で決着がついた。村正、バックドロップで攻め込んだ後藤は、SANADAのムーンサルトを回避。低空ドロップキックを食らっても、ラリアットですぐさまやり返す。ならばとロス・インゴ軍は鷹木が串刺しパンピングボンバー、内藤&SANADAがダブル低空ドロップキックと怒とうの連続攻撃に出る。その後、両軍が入り乱れる混戦模様となり、鷹木はバックドロップで石井を蹴散らした。そして再びSANADAと後藤の1対1になると、スワンダイブ攻撃を牛殺しで切り返した後藤が変型エビ固めでニアフォールに追い込んだものの、SANADAがオコーナーブリッジで丸め返し、服部レフェリーが最後の3カウントを叩いた。

 試合後、服部レフェリーによってロス・インゴトリオが勝ち名乗り。鷹木はNEVERベルトを手に、引き揚げようとしていた石井を挑発した。最後にロス・インゴ3人に服部レフェリーも加わって頭上で拳を合わせた。

 服部レフェリー引退試合で鷹木と石井が翌日のNEVER王座戦へ向けて激しく火花を散らした。鷹木が「ここまで来たら、もう言うことねぇよ。あとは全てリングでみせる。NEVERらしく、プロレスらしくな」と自分色、NEVER色をみせつける構えをみせれば、石井は「あいつの地力が勝るか、俺の地力が勝るか。あいつの体力がもつか、俺の体力がもつか。どっちかが立てなくなるまで、精根尽き果てるまでやり合おうぜ」と呼びかけた。