『タイガー服部レフェリー引退記念大会』東京・後楽園ホール(2020年2月19日)
タイガー服部レフェリー引退試合I ○矢野通&棚橋弘至&飯伏幸太&コルト・カバナvsタマ・トンガ&タンガ・ロア&ジェイ・ホワイト&バッドラック・ファレ×

 IWGPタッグ王座挑戦を控える棚橋&飯伏が好連係を披露。ベルト獲りに向けて好調ぶりをアピールした。

 “GOD”タンガ&ロアの保持するIWGPタッグ王座獲りに狙いを定めていた棚橋&飯伏。2・9大阪城では8人タッグ戦ながら棚橋がロアを横入り式エビ固めで下して結果を出し、2・21後楽園でのタイトル挑戦が決定した。その前哨戦として、棚橋&飯伏が矢野&カバナと、BULLET CLUBのトンガ&ロアがジェイ&ファレとそれぞれ組んで対戦した。

 長年新日本マットでレフェリーとして活躍してきたタイガー服部レフェリーが今大会が引退。この試合も「引退試合I」として行われた。選手入場に先立ち、服部レフェリーがリングインすると、大歓声が巻き起こる。服部レフェリーはBULLET CLUBのセコンドに付く邪道&外道にリングから降りるよう通告し、強引にToo Sweetポーズを取らされそうになっても拒否した。

 試合は棚橋&飯伏が先制。ダブルショルダータックルやダブルショルダースルーでGODを攻め込むと、棚橋の体勢が崩れたものの、ダブルのその場飛びムーンサルトプレスまで披露し、好調ぶりを見せつけた。

 しかし、邪道が竹刀攻撃で介入すると、流れは一変。BULLET CLUBが逸材を一方的に暴行した。苦しい時間が続いた棚橋だったが、場外に投げ捨てられそうになってもロープを使った逆上がりで切り抜け、反対にトンガを場外に落とすと、飯伏にあとを託す。アクセルを踏んだ飯伏は鋭い蹴りを唸らせて、パワースラム、ムーンサルトプレスの連続攻撃をトンガに浴びせると、コンプリートショットを食らってしまったものの、ハイキックでなぎ倒して、カミゴェの構えに。急行したロアのジャーマンで引っこ抜かれたが、すぐさま両足オーバーヘッドキックでGODを蹴り倒して圧倒した。

 その後、カバナ&矢野がファレのパワーに大苦戦を強いられたものの、最後は矢野がレフェリーのブラインドを突いての急所蹴りから逆さ押さえ込みで3カウントを奪取。2・21後楽園で田口とともに挑むNEVER6人タッグ王座戦に弾みを付けた。

 試合後、外道と邪道は服部レフェリーに猛抗議し、襲いかかったものの、服部レフェリーが急所を蹴り飛ばして返り討ち。場内は大歓声で服部レフェリーを支持する。GODも服部レフェリーに詰め寄ったが、棚橋&飯伏が救出。服部レフェリーの手を掲げて、労をねぎらった。

 攻め込まれる場面もあった棚橋&飯伏だったが、もともと強い絆があるだけに、連係攻撃を披露するなどチームワークは急激に進化している。タイトルマッチは目前に迫っているが、棚橋は「この2月に入って、またいろんな選手に出会って、いろんな選手に出会って…。俺は何をやってんだろうなっていう思いがあって。クソ! 俺だって頑張りてえよ! 気合いが入りました。体調を整えることももちろん大事だけど、気持ちでカバーします」と気合いが入っている様子。飯伏も「タッグ、明後日必ず獲るんで。まあ、必ず獲れるでしょう。頑張りますよ。あとはやるだけ。あとはやるだけです」と力強く宣言した。