『タイガー服部レフェリー引退記念大会』東京・後楽園ホール(2020年2月19日)
○ウィル・オスプレイ&YOH&SHOvs田口隆祐&ロッキー・ロメロ&タイガーマスク×

 田口&ロメロの監督コンビが最初で最後のジュニアタッグ王座前哨戦で奮戦。試合後、王者・SHO&YOHを襲撃し、関節技に捕獲して揺さぶりをかけると、ロメロは「明日は俺たちの夜になる」とベルト奪取に自信を見せた。

 “RPG 3K”SHO&YOHは2・9大阪城でデスペラード&金丸を破り、IWGPジュニアタッグ王座V1。試合後に、昨年のジュニアタッグリーグでSHO&YOHに勝利している田口&ロメロの監督コンビが挑戦表明をぶち上げ、2・20後楽園での防衛戦が決定した。今宵は最初で最後の前哨戦が実現。田口&ロメロがタイガーと、SHO&YOHがオスプレイとそれぞれ組んで対戦した。

 先発したロメロはいきなりSHOを横入り式エビ固めで丸め込んでニアフォールに追い詰めると、タッチをもらった田口もYOHと丸め込み合戦で火花を散らす。YOHにロープを往復させてスタミナを削ぐ作戦に出るが、反対にSHO&YOHに同じ攻撃を受けて、息も絶え絶えになり、ここから長時間、攻め込まれてしまった。

 流れを変えたのはロメロだ。田口が何とか自力で自陣に戻ってくると、ロメロはコルバタや串刺しラリアットを乱れ打って同門のSHO&YOHをナデ斬りに。SHOの動きを完璧に読んで、エルボースマッシュやビンタをぶち込む。だが、SHOもラリアットを返して両者大の字に持ち込んだ。

 試合を決めたのはRPWの2・14ロンドン大会でザックを下し、ブリティッシュヘビー級王座初戴冠を果たしたばかりのオスプレイ。タイガーの雪崩式ダブルアームスープレックスなどで攻め込まれる場面があったものの、最後は死角からのトラースキックから必殺のコードブレイカーをお見舞いして快勝した。

 試合後、ロメロはSHOとにらみ合うと、いきなり飛びつき腕ひしぎ逆十字固めで奇襲。田口もYOHをオーマイ&ガーアンクルに捕らえて、明日に向けて試し斬りをする。慌ててオスプレイが救出したものの、監督コンビは引き下がらず、王者組と視線を交錯させた。

 関節技による襲撃でSHO&YOHにゆさぶりをかけた監督コンビはベルト奪還に自信。「私が6度目のジュニアタッグ、ロッキーが9度目のジュニアタッグ。奇しくも、ここでも6と9…69という数字が遭遇します」(田口)、「明日は俺たちの夜になる。俺たちはチャンスをものにする準備をしてきた。俺たちのプレイブックは史上最高の仕上がりだ。それは俺の頭脳とずる賢さから生み出された。SHOとYOH、明日の夜は友情も何もない。ビジネスだ」(ロメロ)と言い放つと、今夜は酒を飲まずにタイトル戦に備えることを確認し合った。