YAMATOが熱戦となったKzyとの同期対決を制し、決勝トーナメント進出に王手をかけた。

 無観客で開催中の「KING OF GATE 2020」はこの日から2回戦に突入。4年ぶりV2を狙う2016年覇者・YAMATOは1回戦で第1回大会優勝者・斎藤了に勝利し、2回戦で同期入門のKzyと対決した。DRAGON GATE世代として共闘する両者は、2016年、2018年とKING OF GATEで対決し、いずれもYAMATOが勝利している。

 得意の腕攻めで流れを作ったYAMATOは脇固めで絞め上げたが、Kzyはカウンターのエルボーで反撃。B-BOY、BEAT-BOMと得意技を連発していく。エルボー合戦をワンツーエルボーで制したKzyは、YAMATOがローリングエルボーを狙ってもエルボーで迎撃。フロッグスプラッシュを発射した。

 劣勢が続いたYAMATOだったが、2発目のフロッグスプラッシュを両ヒザで撃墜。垂直落下式ブレーンバスターで突き刺し、延髄斬り3連発で一気に巻き返す。Kzyも垂直落下式ブレーンバスターで応戦し、ランニングエルボースマッシュをさく裂。掟破りの逆ギャラリアを仕掛けたものの、不時着したYAMATOが元祖ギャラリアで真っ逆さま。熱戦に終止符を打つ3カウントが入った。

 白熱したKzyとの同期対決に勝利したYAMATOがAブロック決勝戦にコマを進め、決勝トーナメント進出まであと一つと迫った。試合後、Kzyとノーサイドで称え合ったYAMATOは「KING OF GATE2回戦、Kzyに勝ったぞ!」とかちどき。「次誰がこようが俺には関係ねぇぞ。1個1個勝っていくだけだ」と改めて一人一殺の構えをみせ、「次も当然、この俺YAMATOが勝つ。今年のKING OF GATE 2020はこの俺が獲る!」と豪語してみせた。

 YAMATOとAブロック決勝戦で対決するのはディアマンテだ。この日の2回戦でヨースケ・サンタマリアと対戦し、風車式バックブリーカーと風車式ストマックブロックの連続攻撃、リフトアップスラムといったパワー殺法で圧倒。最後はヴェルタフィナーレを豪快に決めて3カウントを奪った。

【YAMATOの話】「KING OF GATE2回戦、Kzyに勝ったぞ! 今回トーナメント、次誰がこようが俺には関係ねぇぞ。1個1個勝っていくだけだ。そうだろ。次も当然、この俺YAMATOが勝つ。今年のKING OF GATE 2020はこの俺が獲る! 今日の俺も最高にカッコよかっただろ? サンキュー」

【Kzyの話】「去年も確かあいつとやったんだっけな。あの時も勝てなかった。今回こそは勝ってやろうと思ったんですけど、まだまだ道のりは厳しいですね。KING OF GATE、こういう形になってしまって、無観客で開催されることになりましたけど、俺たちのやることは変わらないんで。みんなが画面越しにいる、そこに向けて僕たちはこの戦いを伝えていくだけですから。1回戦が完全なる不完全燃焼だっただけに、この2回戦は熱くなれました。あとはあいつにね、もっともっと上に上がっていってもらいたいんで。まぁ、だけど俺もあきらめてないですよ。あるでしょ、敗者復活のバトルロイヤルが。その切符をしっかりとゲットして、そっから優勝ってのが、これまた最高のドラマじゃないですか。見せてやりますよ、俺の時間を。よろしくどうぞ」