フロリダ州オーランドのWWEパフォーマンスセンターで行われたロウが日本時間26日、配信された。

 『バックラッシュ』でボビー・ラシュリーと対戦するWWE王者ドリュー・マッキンタイアがラシュリーのビジネスパートナーであるMVPの「VIPラウンジ」にゲスト出演した。MVPは「すぐに元WWE王者となるマッキンタイアだ」と挑発的にマッキンタイアを紹介し、「ラシュリーは俺のおかげで13年かけて王座挑戦に辿り着いた」と豪語。以前にMVPから勧誘されたこともあるマッキンタイアだが、「俺の代わりに考えたり、話したりする奴は必要ない」と否定した。そこへラシュリーが姿を現すと、MVPが「未来のWWE王者ボビー・ラシュリーだ」と紹介。マッキンタイアはクレイモアでMVPを蹴散らし、「カモーン! 俺と闘え」とラシュリーを挑発した。

 それだけでは終わらない。ラシュリー&MVPがこの日のメイン戦でストリート・プロフィッツと対戦。ラシュリー組の反則負けに終わると、マッキンタイアがやってきてラシュリーを襲撃。グラスゴー・キスを決め、バリケードに叩きつけるなど暴れまくると、ラシュリーもスピアーで応戦。両者は大乱闘に発展し、WWE王座戦へ向けて遺恨を深めた。

 PPV大会『バックラッシュ』は日本時間6月15日にWWEネットワークで配信される。