『ReOStaff株式会社 presents 全日本プロレス中継2020 #7〜勇往邁進〜』(2020年6月25日放送)
アジアタッグ選手権試合 ○宮本裕向&木高イサミvsヨシタツ&立花誠吾×

 ヤンキー二丁拳銃がヨシタツ&立花とのヤンキー対決を制してアジアタッグ王座3度目の防衛に成功。ベルト獲りならなかったヨシタツは「俺は国を作るよ」と仰天プランをぶち上げた。

 宮原から呼びかけられたヨシケンによる世界タッグ再挑戦をやんわり拒んだヨシタツは「俺には今やりたいことがある」と告白。6・19TVマッチでそれが「ヤンキー」だったことが明らかとなり、ヨシタツは立花との“8月1日から俺は"でアジアタッグ王者・ヤンキー二丁拳銃への挑戦を表明。ヤンキー対決によるタイトルマッチがこの日実現した。

 両陣営は試合前からヤンキー座りで対峙し、メンチを切り合う。試合になっても立花はヤンキー座りを披露したが、二丁拳銃の首攻めにあって防戦一方。見かねたヨシタツが飛び込み、立花にストンピングを連発してゲキを飛ばしたが、その後も立花の劣勢がしばらく続いた。

 再びヨシタツがカットに飛び込んで相棒にストンピングを見舞うと、激怒した立花は「てめぇ、何回やるんだ!?」とエルボーを打ち込む。これで奮起したか立花はイサミを大外刈りで叩きつけて打開した。ようやく試合権利が巡ってきたヨシタツが立て直しを図り、ヨシタツ幻想(ファンタジー)でイサミを絞め上げた。

 だが、二丁拳銃はイサミが絶槍をぶち込んで逆転。連続串刺し攻撃から、ダブル串刺し低空ドロップキックと連係を駆使して巻き返す。負けじとヨシタツ&立花もダブルタックルで応戦し、ヨシタツがフロントハイキック、立花がバックドロップを立て続けに決めたが、カバーに入った立花にイサミがダイビングダブルニードロップで急降下。トペスイシーダでヨシタツを場外にセーブすると、宮本がハンドスプリングオーバーヘッドキックで立花に追い討ち。丸め込みを連発して粘る立花をファイアーサンダーで突き刺すと、ムーンサルトプレスを発射して3カウントを奪った。

 立花の奮闘もあって挑戦者チームが粘りをみせたが、やはり二丁拳銃は盤石。文句なしの快勝でアジアタッグ3度目の防衛を果たした。通常興行再開まで最古のベルトを守り続けることが二人にとっての「最低条件」だが、全日本は7・13新木場大会からの興行再開を決定。宮本が「やっとお客さんの前でできるかもしれませんね」と声を弾ませたように、その目標を果たせる時が目の前に迫ってきた。「お客さんのいる前で防衛戦しましょう! そして勝ちましょう!」と改めて誓い合った二人は、「世界タッグvsアジアタッグというのも俺は見てるからさ。アジアは世界に通じるのか」(イサミ)、「このベルトを持って挑戦したいね」(宮本)と口を揃え、アジアvs世界のタッグ王者対決実現も描いた。

 一方、敗れたヨシタツ&立花は最古のベルト獲りならず。「今日の立花はギリギリ及第点かな」と立花を評したヨシタツは「健斗の誘いを断って、やりたいことがあるって言ってたけど、それはヤンキーだって言ったけどね。今日、こいつと組んで、相手はヤンキー二丁拳銃。アジアタッグをやって、今日である意味、気が済んだ」と早くも脱ヤンキーを宣言。「今はやりたいことを一気にやっちまおうと思って」との考えを示した。

 やりたいことはヤンキーだけではなかった。「世界はこんなに変わってしまって、みんなどう? 理想の国って今はある? どの国ももうガタガタだろ? 経済もあれだし、メッチャクチャだろ?」と問いかけたヨシタツは、「理想の国なんて今ないだろ? だったら、作りゃいいじゃねぇか。俺は国を作るよ」と突拍子もないプランをぶち上げた。それはユニットではなく、ヨシタツ独自の新たな形となりそう。具体的なことは口にしなかったものの、ヨシタツの動向が注目される。

【試合後の宮本&イサミ】
▼イサミ「何度目ですか?」

▼宮本「3度目」

▼イサミ「3度目の防衛。東京アラートも解除されて…」

▼宮本「そうだね、解除されたから」

▼イサミ「ステップ3にいって…」

▼宮本「もしかしたら…」

▼イサミ「だんだんと有人興行もプロレス界で増えてきた中で、そろそろもしかしたら俺たちのアジアタッグも…」

▼宮本「やっとお客さんの前でできるかもしれませんね」

▼イサミ「そうですね。立花選手は初めてやったけど、何かやってて気持ちのいい選手だったな。もっとやってみたいと思ったな」

▼宮本「面白いね、あいつはね。面白い」

▼イサミ「あと、普段ヘビー級はもちろんいるけど、そこまで大きい人を相手にしてないというのもあって、やっぱちょっと一つずつの技のケアが俺は小さかったな。もうちょっと緻密に攻めていかないと。真っ正面から当たったら、ヨシタツさんにはいけないかなっていう」

▼宮本「ヘビー級だからね」

▼イサミ「それが全日本での一番での収穫ですね、僕は」

▼宮本「とりあえず自分らの最初の目標はね、お客さんの前で試合するまでは必ずこのベルトを守るって決めてたんで。それが目標達成できそうかもしれない」

▼イサミ「かもしれない。もう1回あるかもしれない。まだわからないですけど。僕ら全日本所属が1人もいないからわからないけど、でもとりあえず1個目の目標にいけるかもしれない」

▼宮本「だからって言ってね、お客さんの前ですぐ獲られてもしょうがないんで、しっかり防衛していきましょう」

▼イサミ「あと、世界タッグvsアジアタッグというのも俺は見てるからさ。アジアは世界に通じるのかっていう」

▼宮本「このベルトを持って挑戦したいね」

▼イサミ「挑戦したいですね」

――相手が今日はヤンキーを名乗っていたが、ヨシタツ選手のヤンキーぶりはどうだった?

▼イサミ「ヨシタツさんのヤンキーぶりはそんなに感じなかった」

▼宮本「それはそうだよ。ニセモノなんだから」

▼イサミ「たぶん一緒なんですよ。ヤンキーに憧れた人なんですよ。ヤンキーに憧れた人と本物のヤンキーだった2人だから。だから、僕と一緒なんですよ。『イサミさんとやってヤンキー感じましたか?』と聞いても、『いや、別に』ってみんな言うと思うんですよ。『宮本さんとやってヤンキー感じましたか?』って言ったら、『あぁ、確かに』ってなるんですよ。それと一緒で」

▼宮本「立花には感じましたよ」

▼イサミ「立花には感じたね」

▼宮本「あいつは面白いね」

▼イサミ「何回、顔面蹴り飛ばしても、顔面かきむしっても向かってくるから。何だろう。前回のTAJIRIさんとKAIさんとの試合はああいうグラウンド中心というか。で、今回は逆にケンカ殺法をふんだんに取り入れた打撃戦みたいな」

▼宮本「面白かったね」

▼イサミ「いろんなスタイルをアジアでもできるんだなっていうのがわかったんで」

▼宮本「いろんなスタイルでやっていきましょう、僕らで」

▼イサミ「お客さんのいる前で防衛戦しましょう!」

▼宮本「しましょう!」

▼イサミ「そして勝ちましょう!」

▼宮本「勝ちましょう!」

▼イサミ&宮本「なぜなら、俺たちは強い!」


【試合後のヨシタツ&立花】
▼立花「クソ。やっぱよ、俺が新宿でまだ17、18ぐらいでよ、バリバリのヤンキーやってた頃からプロレス界でヤンキー二丁拳銃って言ってやってるだけあるな、クソ。でも、お前、俺はそう簡単にあきらめねぇぞ、コノヤロー。もう1回だ、コノヤロー」

▼ヨシタツ「まぁ、今日の立花はギリギリ及第点かな。あんだけ厳しくやったけど、向こうは試合巧者だから、こうなるっていうのは結構やる前から目に見えてて。その中で、表ではああいう態度取ったけど、こいつにしてはよくやったかな。まぁでも、俺は健斗の誘いを断って、やりたいことがあるって言ってたけど、それはヤンキーだって言ったけどね。今日、こいつと組んで、相手はヤンキー二丁拳銃。アジアタッグをやって、今日である意味、気が済んだ」

▼立花「はぁ?」

▼ヨシタツ「気が済んだ、俺は」

▼立花「1回しかやってねぇじゃねぇか、お前」

▼ヨシタツ「ハッキリ言って気が済んだ。もうヤンキーはいいや。まぁでも、健斗とこうやって間を置こうって言ったんだから、今はやりたいことを一気にやっちまおうと思って。俺はまだやりたいことがいろいろあって。今、この状況下で、世界はこんなに変わってしまって、みんなどう? 理想の国って今はある? どの国ももうガタガタだろ? 経済もあれだし、メッチャクチャだろ? 理想の国なんて今ないだろ? だったら、作りゃいいじゃねぇか」

▼立花「はぁ?」

▼ヨシタツ「俺は国を作るよ」

▼立花「国を作る?」

▼ヨシタツ「ユニットじゃねぇぞ。国だ。ヨシタツが国を作る。We can do it!」

▼立花「いや、意味わかんねぇだろ。どういうことだよ、国を作るって?」