全日本は30日、7月シリーズ『2020 SUMMER ACTION SERIES』の決定カードを発表。三冠ヘビー級選手権試合「諏訪魔vs石川修司」が正式決定し、ヤンキー二丁拳銃の世界タッグ王座挑戦も決まった。

 諏訪魔はこの日放送のTVマッチで史上初となる無観客での三冠戦を実現。芦野祥太郎を下し、初防衛を飾った。試合後、暴走大巨人の盟友・石川と“究極の5冠戦"に合意。興行再開後、初の後楽園大会(7・25)で、興行再開後、初の三冠戦を行うことになった。

 だが、暴走大巨人には究極の5冠戦を実現させる前にハードルが課せられた。7・18千葉大会で世界タッグ王座V3戦が組まれたのだ。しかも挑戦者チームは現アジアタッグ王者・木高イサミ&宮本裕向のヤンキー二丁拳銃だ。アジアタッグを戴冠後、二人が目標の一つに掲げていたのが、アジアvs世界のタッグ王者対決の実現。6・25TVマッチでヨシタツ&立花誠吾を退け、3度目の防衛に成功後に「このベルトを持って挑戦したい」と熱望していた世界タッグ挑戦が叶うことになった。

 暴走大巨人と二丁拳銃は今年1月30日の『まちだプロレスまつり Vol.3』町田大会以来6ヵ月ぶりの再戦。前回は暴走大巨人が勝利している。雪辱戦となる二丁拳銃は勝てば世界タッグ初戴冠。イサミが「この上なく難しい世界タッグとアジアタッグの両立。ヤンキー二丁拳銃ならば出来ると思っております」と豪語し、タッグ2冠同時戴冠を描けば、宮本は「この対戦カードで一度闘ったことがあり、敗北しているこの暴走大巨人に、今度こそリベンジを果たし、アジアから世界へ俺たちは飛び出す!」と暴走大巨人にリベンジを遂げての躍進を見据えた。

 後楽園大会では世界ジュニアヘビー級選手権試合「横須賀ススムvs岩本煌史」も正式に決まった。岩本がこの日のTVマッチで児玉裕輔との次期挑戦者決定戦に勝利。昨年5月に故・青木篤志さんに敗れ、第50代王者から陥落して以来1年2ヵ月ぶりとなる返り咲きのチャンスをつかんだ。王者・ススムはDRAGON GATE6・14TVマッチにおけるヨースケ・サンタマリア、大森北斗との3WAYマッチに勝利して以来6度目の防衛戦となる。

 また、7・23新潟大会ではGAORA TVチャンピオンシップの開催が決まった。第17代王者・ヨシタツの8度目の防衛戦で、挑戦者は未定。そして通常興行再開となるのが7・13新木場大会。陣-JIN-の吉田綾斗&阿部史典が久々に参戦し、ジェイク・リー&岩本と組んで諏訪魔&石川&佐藤光留&岡田佑介の暴走大巨人&Evolutionと激突する。詳細は以下の通り。


☆7/13(月)東京・新木場1stRING『2020 SUMMER ACTION SERIES開幕戦〜ファンクラブ会員限定 特別興行〜』19:00開始

▼「第5回あすなろ杯争奪リーグ戦」公式戦
ライジングHAYATO
(1/20)
青柳亮生

▼「第5回あすなろ杯争奪リーグ戦」公式戦
田村男児
(1/20)
大森北斗

▼タッグマッチ
立花誠吾
ヨシタツ
vs
ブラックめんそーれ
大森隆男

▼6人タッグマッチ
児玉裕輔
羆嵐
芦野祥太郎
vs
KAI
TAJIRI
青柳優馬

▼6人タッグマッチ
X
UTAMARO
ゼウス
vs
フランシスコ・アキラ
黒潮“イケメン"二郎
宮原健斗

▼8人タッグマッチ
阿部史典
吉田綾斗
岩本煌史
ジェイク・リー
vs
岡田佑介
佐藤光留
石川修司
諏訪魔


☆7/18(土)千葉・2AWスクエア『2020 SUMMER ACTION SERIES〜千葉EXTRA DREAM 24〜』14:00開始

▼世界タッグ選手権試合
[挑戦者]
宮本裕向
木高イサミ
vs
石川修司
諏訪魔
[第87代王者]
※諏訪魔&石川3度目の防衛戦

【諏訪魔のコメント】「二丁拳銃との世界タッグ戦が決まり面白い相手が来たなと思っている! 二丁拳銃は全日本プロレスではアジアタッグ王者であり、プロレス界が認める実力者チーム。世界タッグタイトルを懸けて闘うに相応しい。ファンの皆さん、世界タッグ王者とアジアタッグ王者の意地と意地のぶつかり合いを楽しみにしておけよ! オイッ!!」

【石川のコメント】「かねてから面白いタッグチームとの防衛戦を希望していました。そして二丁拳銃が名乗りを挙げてくれてものすごく嬉しい。イサミは同じ団体でいたし、裕向とはいろんな団体で闘ってきた、団体は違えど同期です。日本でも有数の名タッグチーム。かといって私達にも目標があるから負けられない。楽しみです!」

【イサミのコメント】「この度は私の願いでもある『アジアは世界に通用するのか?』という問い掛けに、世界タッグの王者組からOKの返答を頂き、誠にありがとうございます。僕は以前からノンタイトルでも構わないと言っていたのですが、世界タッグがかかることになりまして、これ以上ないチャンスが巡って来たと思っております。この上なく難しい世界タッグとアジアタッグの両立。ヤンキー二丁拳銃ならば出来ると思っております。贔屓目の応援宜しくお願い致します!!」

【宮本のコメント】「アジアタッグの防衛戦を重ね、自分たちのメッセージが届いたのか、遂に世界タッグ挑戦が決まりました。全日本プロレスのヘビー級揃いの中、今の世界タッグチャンピオンはスーパーヘビー級の暴走大巨人。普通なら体格も違い過ぎるため、タイトルマッチとして組まれることのないカードですが、アジアタッグチャンピオンの肩書きを提げて、アジアから世界への挑戦が遂に実現化した。この対戦カードで一度闘ったことがあり、敗北しているこの暴走大巨人に、今度こそリベンジを果たし、アジアから世界へ俺たちは飛び出す!」


☆7/23(木・祝)新潟・万代島多目的広場 大かま(新潟市)『2020 SUMMER ACTION SERIES』18:00開始

▼GAORA TVチャンピオンシップ
[挑戦者]
未定(決定次第お知らせ)
vs
ヨシタツ
[第17代王者]
※ヨシタツ8度目の防衛戦

▼三冠ヘビー級選手権試合前哨戦
岡田佑介
石川修司
vs
佐藤光留
諏訪魔

※その他対戦カードは決定次第お知らせ致します


☆7/25(土)東京・後楽園ホール『2020 SUMMER ACTION SERIES』最終戦 18:30開始

▼世界ジュニアヘビー級選手権試合
[挑戦者]
岩本煌史
(1/60)
横須賀ススム
[第52代王者]
※ススム6度目の防衛戦

▼三冠ヘビー級選手権試合
[挑戦者]
石川修司
(1/60)
諏訪魔
[第62代王者]
※諏訪魔2度目の防衛戦

※その他対戦カードは決定次第お知らせ致します