フロリダ州オーランドのWWEパフォーマンスセンターで行われたロウが日本時間21日、配信された。

 アスカが次週ロウでサーシャ・バンクスとロウ女子王座決定戦を争うことになった。

 前日のPPV大会『ザ・ホラーショー・アット・エクストリーム・ルールズ』でアスカはサーシャとのロウ女子王座防衛戦に臨んだものの、毒霧がレフェリーに誤爆。代わりにレフェリーに扮したベイリーに3カウントを入れられて敗戦に終わった。この日、ベイリーとともに登場したサーシャは前日に奪ったベルトを手に「アスカの毒霧でレフェリーは続けることができなかったのよ。だからベイリーはレフェリーシャツを借りてカウントしただけ」と釈明。すると怒るアスカがカイリ・セインとともに姿を現し、「おいおいおい! 返せ、この野郎! それはワシのタイトルじゃ」と主張した。これを受けてステファニー・マクマホンがビジョンに登場し、次週のロウで両者によるロウ女子王座決定戦を行うと発表した。

 アスカとともにサーシャ&ベイリーと対峙したカイリは、SD女子&WWE女子タッグ2冠王のベイリーとノンタイトル戦で対戦した。一歩も引かないカイリはDDTやブロックバスターで攻め立て、スライディングDを放つ。ベイリーから右腕を集中攻撃されながらもインセイン・エルボーを決め、ベイリーがダイビング・エルボードロップを放って応戦しても、ベリー・トゥ・ベリーを狙ったところをうまく丸め込んで3カウントを奪取。カイリが2冠王者ベイリーから金星を挙げた。