ZERO1は26日、8・2後楽園大会の全カードを発表。「天下一ジュニアトーナメント2020」決勝戦「北村彰基vsエル・リンダマン」など5試合が新たに決まり、全6試合が出揃った。

 この日の岐阜大会で天下一ジュニア準決勝2試合が行われ、RAICHOを破った北村と、昨年覇者・HUBを撃破したリンダマンが決勝進出を決定。両者の間で決勝戦が争われることになった。どちらが勝利しても初優勝となる。

 また、王者クリス・ヴァイスに火野裕士が挑戦する世界ヘビー級選手権試合も決まった。ヴァイスは6・6TVマッチでハートリー・ジャクソンを退けて以来2度目の防衛戦。火野は3・1後楽園大会で佐藤耕平に敗れ、第25代王者から陥落以来5ヵ月ぶり2度目の戴冠を狙う。詳細は以下の通り。

☆8/2(日)東京・後楽園ホール『第17回天下一ジュニアトーナメント2020』18:00開始

▼シングルマッチ
タナカ岩石
(1/30)
ハートリー・ジャクソン

▼6人タッグマッチ
将軍岡本
横山佳和
TARU
(1/30)
アンディ・ウー
RAICHO
SUGI

▼8人タッグマッチ
ヒデ久保田
ヤス久保田
菅原拓也
田中将斗
(1/30)
馬場拓海
ドリュー・パーカー
今成夢人
大谷晋二郎

▼NWAインターコンチネンタルタッグ選手権試合
[挑戦者]
佐藤嗣崇
岩崎永遠
(1/30)
竹田誠志
宮本裕向
[王者]

世界ヘビー級選手権試合
[挑戦者]
火野裕士
(1/30)
クリス・ヴァイス
[第27代王者]
※ヴァイス2度目の防衛戦

▼「天下一ジュニアトーナメント2020」決勝戦
エル・リンダマン
(1/無)
北村彰基