『STORM GATE 2020』東京・後楽園ホール(2020年9月9日)
○Kzy&ジェイソン・リー&U-T&箕浦康太vs土井成樹&ドラゴン・キッド&横須賀ススム&Kagetora×

 Kzyが9・21大田区大会に向けて、「ミスター大田区を味わわせてもらおうじゃねえか。土井成樹、俺とシングルマッチやれ」と一騎打ちを要求。土井も受諾し、両者の対戦が決定的となった。

 9・21大田区大会では箕浦&ジェイソンにキッド&ススムが挑戦するツインゲート戦がすでに決定しており、今宵のDRAGON GATE世代と闘龍門世代の8人タッグ戦はその前哨戦となったが、意外な男が勝利をもぎ取った。

 ゴング前からにらみ合った箕浦&ジェイソンとキッド&ススム。箕浦がワンハンドバックブリーカーを繰り出せば、すぐさまススムがエクスプロイダーでお返しするなど、序盤からタイトルマッチさながらの激しい攻防を展開した。再び対峙すると、箕浦はロックボトム式バックブリーカー、ダブルアームスープレックスの連続攻撃をキッドにお見舞い。反撃を許しても、ススムにはジェイソンのコードブレイカー、箕浦のエクスプロイダーを立て続けに浴びせる。しかし、終盤にはススムがジャンボの勝ち!を乱れ打ち、キッドもスイングDDTを披露して意地を見せた。

 タッグの前哨戦に注目が集まっていたものの、最後に試合を決めたのはKzyだった。中盤でもエルボースマッシュを乱射するなど切れ味鋭い動きを見せていたが、最後もKagetoraの車懸をキッチリと切り返し、ダブルアーム式DDTからランニングエルボースマッシュをズバリ。一気に3カウントを奪った。

 試合後、「ツインゲートチャンピオンシップに向けて熱くなってんじゃないっすか」と箕浦&ジェイソンをマイクで激励したKzyは、リングを去っていく闘龍門世代を呼び止める。そして、「俺は大田区に向けて止まっているわけにはいかねえんだよ。対戦カード決まってねえなら、自分で見つけてやろうじゃないか」と言い放ち、「おい、土井成樹よ。あんたがミスター大田区って言われているみたいだな。ミスター大田区って豪語しているみたいだけど、今回の大田区大会でミスター大田区の対戦カード決まってないじゃないですか。それでミスター大田区と言えるのか? だったらよ、あの大田区の場所で、そのミスター大田区を味わわせてもらおうじゃねえか。土井成樹、俺とシングルマッチやれ」と迫った。

 リングに戻った土井は「Kzy、なかなかおもろいこと言ってくれるな。要するに遠回しに言ったら、大田区の俺は余りもんっちゅうヤツや。そこを突いてきたな。ミスター大田区も舐められたもんやな!」と言い返すと、「お前に体感してもらうぞ。『DANGEROUS GATE』に相応しい試合してやるから、お前とのシングルやってやろうやないか」と対戦に同意し、大田区での一騎打ちが決定的となった。

 Kzyは今年2月、後楽園ホールで当時ドリームゲート王者だった土井に挑んだものの、敗北を喫した。その悔しさを忘れていないKzyは「この場所で俺はあんたに負けた。大田区はその時のリマッチの気持ちでいくからな。楽しみしておいてくれよ」とリベンジを誓った。

【Kzyの話】「今はDRAGON GATE世代の若いヤツらが奮起して、ベルトを持ってます。俺は別に一歩引いて見ているつもりはないですよ。まだまだ俺も攻めていかないといけないですもんね。そのために今回の土井成樹戦を自分の手で掴んだんで、しっかりとリベンジしますよ。ベルトはないけど、俺は今年の2月に後楽園で敗れたあの借りを必ず返します。そこからまた、しっかりと目指すもんがあるんじゃないでしょうかね。DANGEROUS GATE…危ない危険が漂うそんなお祭りを皆さんと一緒に楽しんでやりますよ。よろしくどうぞ」

【箕浦の話】「今日はKzyさんが取ってくださいましたけど、でもツインゲート戦はススム&キッドから必ずジェイソンと2人で取って、必ずこのベルトを防衛して、自分自身、そしてツインゲートはもっともっと高みを目指していきますんで。これからもよろしくお願いします」