『2020 Champion Carnival』神奈川・カルッツかわさき(2020年9月13日)
「2020 Champion Carnival」Bブロック公式戦 ○青柳優馬vs芦野祥太郎×

 青柳が芦野にレフェリーストップ勝ちで執念の雪辱。納得できない芦野は9・15後楽園で当たる宮原と舌戦&視殺戦を展開した。

 2年連続出場となった青柳だが、初戦で石川の空中胴締め落としに沈み、黒星スタート。2戦目となったこの日、これが初戦となる芦野と対決した。両者は6・25TVマッチ以来2度目の一騎打ち。前回敗れている青柳にとって雪辱戦となった。

 だが、セコンドについた土肥に気を取られてスキを作ってしまった青柳はアンクルロックの布石となる芦野の左足攻めにさらされた。その後も児玉が介入してペースを狂わされた青柳は芦野のマフラーホールドに苦もんしたが、左腕にダイビングニードロップを敢行してようやく反撃を開始。お返しとばかりに腕攻めで芦野を苦しめた。

 だが、エルボースマッシュを連発されて追撃を止められた青柳はついに芦野のアンクルロックに捕まってしまう。何とか耐えてエルボースマッシュの打ち合い、ジャーマンの投げ合いに持ち込んだものの、再びアンクルロックで絞め上げられた。

 ギブアップは時間の問題と思われたが、青柳は何とか耐え抜いた。前方回転で振りほどくと、芦野は勢い余って鉄柱に激突。すかさずジャーマンで投げた青柳はエンドゲームに持ち込んで絞めに絞めた。それでも芦野は意地でギブアップせず。李日韓レフェリーが試合を止め、青柳の勝利が宣せられた。

 青柳が芦野に3ヵ月前の借りを返し、2戦目にして初白星を勝ち取った。これで1勝1敗のイーブンで後半戦に突入。次戦は9・15後楽園大会でヨシタツ戦が予定されている。「レフェリーストップだろうが、向こうがタップしている、してないとか関係なしに、もう試合止めたんで、勝ったのは僕です。青柳優馬です」と胸を張った青柳は、セコンドを介入させた芦野の姿勢に批判的な言葉を並べたうえで、「人様の団体のエースどうこう語ってるから、俺みたいな4流5流レスラーに負けちゃうんだ。お前も俺と同じ位置にいるということを、今のうちによく肝に銘じておきなさい」と通告してみせた。

 試合後には芦野のセコンドについた土肥に襲撃されるひと幕もあった。ラリアットを叩き込まれた青柳は大の字に。両者はかつて全日本とW-1若手対抗戦で火花を散らした間柄。その遺恨が再燃しそうな状況となった。が、青柳が今、集中すべきはカーニバル。「終始邪魔してきた土肥こうじさんよ。何しに来た? 昔話をしに来たのか? 今、俺はこう見えてチャンピオン・カーニバルで忙しいから、終わってから相手してやるよ。また別の機会にやろうじゃないの」とカーニバル後の迎撃姿勢を強調した。

 初戦黒星となった芦野は収まらず、「タップしてねえじゃねえか」、「青柳。負けてねえからよ、とりあえず勝ち点1を寄越せ」と主張した。次戦は9・15後楽園大会の宮原戦。倒れ込んだ青柳を踏みつけたり、頭をつかんだりと暴行した芦野は「9月15日、宮原はな、こうはいかねえぞ。今の青柳みてえにしてやるからな」と宣言した。すると宮原がやってきて、「いいか、お前ら二流レスラーを超一流の宮原健斗が相手してやろうじゃねえか。芦野祥太郎、Enfants Terribles。てめえらがどんなことをしようがてめえらまとめてかかってきなさい」と格の違いを強調して通告。両者は近距離で対峙し、しばし視殺戦を展開していた。

【青柳の話】「一つ聞いていいでしょうか? 勝ったのは僕ですよね? 皆さん、それはお間違いないと思います。ああ、チクショー。ああ、疲れた。もうホント何なんですか、芦野祥太郎はよ。『チャンピオン・カーニバル楽しみだ。全日本プロレスを堪能しに来た』って言ったのに、チャンピオン・カーニバル開幕から、ああやってチームを入れてやるんですか? どういう楽しみ方をしてるんですか? ちょっと変わってますね。ホントにおかしい。でも、レフェリーストップだろうが、向こうがタップしている、してないとか関係なしに、もう試合止めたんで、勝ったのは僕です。青柳優馬です。これで1勝1敗です。まあ、かなりつらかったですけど、芦野祥太郎からようやく1回取り返しました。人様の団体のエースどうこう語ってるから、俺みたいな4流5流レスラーに負けちゃうんだ。お前も俺と同じ位置にいるということを、今のうちによく肝に銘じておきなさい。そして最後に、終始邪魔してきた土肥こうじさんよ。何しに来た? 昔話をしに来たのか? 今、俺はこう見えてチャンピオン・カーニバルで忙しいから、終わってから相手してやるよ。また別の機会にやろうじゃないの」

【試合後の芦野、土肥】
▼芦野「おい! タップしてねえよ。タップしてなきゃ負けじゃねえんだよ。レフェリーが止めるの早すぎる。ふざけんなって。全日本、これがやり方か? 陥れられたよ。ふざけんなよ。青柳、俺はお前に負けてない。言っておくぞ。負けてねえからな。これだけはよく覚えとけ。勝ち点1ずつ分けろ。ふざけんな、バカ。そして、9月15日、宮原健斗。やっと出てきたね。やっと反応したな。なに言っても無反応で、カッコつけやがってよ、あのヤロー。9月15日、チャンピオン・カーニバル公式戦、第2戦。俺にとっての第2試合、必ず俺があいつをタップアウトさせてやるよ。全日本のエース? 俺は証明してやるぞ。あいつがエースじゃねえってことを俺が証明してやるからな。9月15日、後楽園だ」

▼土肥「1つだけな。青柳優馬。あのヤローよ、俺と何年か前に試合した時に戦意喪失したんだよ。またそうやってやってやるぞ、あいつ。ただよ、いつか当たるだろ? 楽しみにしとけ」

▼芦野「楽しみだね」