『2020 Champion Carnival』東京・後楽園ホール(2020年9月15日)
「2020 Champion Carnival」Bブロック公式戦 ○宮原健斗vs芦野祥太郎×

 昨年覇者・宮原が芦野とのシングル初対決を制し、2戦目にして意地の初白星。連覇達成へ向けて「俺は2連覇をする男だ。この世の中に太陽を照らす男だ。2連覇果たすには、俺はもう負けるわけにいかない」と逆襲を宣言した。

 昨年、三冠王者としてカーニバル初優勝を飾った宮原は今年、史上4人目となる連覇を狙う。が、初戦のヨシケン対決でヨシタツの新技・ヨシタツパンデミックの前に敗北。苦しいスタートを余儀なくされた。

 続く2戦目となったこの日は芦野との初シングルが実現。9・13川崎大会のリング上で対峙した際、「お前ら二流レスラーを超一流の宮原健斗が相手してやろうじゃねえか」とアンファン勢もまとめて迎撃する構えをみせた。対する芦野はその川崎大会の初戦で青柳にレフェリーストップ負けを喫したものの、「あいつがエースじゃねえってことを俺が証明してやる」と豪語していた。

 芦野が狙うは宮原からの「タップアウト」。三三七拍子を起こして会場の空気を支配した宮原を黙らせるように得意のグラウンドに引き込むと、早くも左足攻めを開始。場外戦で宮原が頭突きを連打しても、芦野はロープ越しのドラゴンスクリューで鎮圧。左足へのピンポイント攻撃をさらに徹底して宮原を防戦一方に追い込み、マフラーホールドもロープブレークを無視して絞め上げて最高男に悲鳴を上げさせた。

 宮原も低空ドロップキック、顔面ドロップキックの連続攻撃で反撃に出て、エプロン上での攻防もフロントハイキックで制したが、セコンドの土肥のラリアットを左足に食らってしまう。それでも宮原はフロントハイキックで芦野の攻勢を止め、後頭部への串刺しブラックアウト、ジャーマンの連続攻撃を浴びせたが、ブラックアウトが空を切った次の瞬間、アンクルロックに捕まってしまった。

 これを耐え抜いた宮原はジャーマンでぶっこ抜かれても、後頭部へのブラックアウトをぶち込んで逆襲ののろしを上げた。シャットダウンを阻止され、再びアンクル地獄に引き込まれても、意地でギブアップしない。何とか立ち上がるとスタンドブラックアウトを連射。棒立ちとなった芦野にシャットダウン・スープレックス・ホールドを爆発させて逆転の3カウントを奪った。

 足攻めの前に苦闘を強いられたものの、宮原がシングル初対決となった芦野に勝利。2戦目にして初白星を挙げて立て直しに成功した。ほぼセコンドの介入なしで真っ向から芦野と競い合ったことで、「芦野祥太郎。お前とはな、何かこれからも長い付き合いになりそうな気がしてきた。何だろう、この感じ?」とネクストの予感もあるが、ともあれ今はカーニバル連覇に集中するのみ。「ただ今日、勝ったのは俺だからね。チャンピオン・カーニバルの公式戦で勝ったんだ。文句言いようがねえだろう」と胸を張った宮原は、「俺は2連覇をする男だ。この世の中に太陽を照らす男だ。2連覇果たすには、俺はもう負けるわけにいかない」と言い切り、ここからの巻き返しを誓った。

 次戦は9・21後楽園大会での青柳戦。試合後、リングサイドに現れた青柳とエプロン上から対峙した。青柳は無言のまま去っていったが、誰が立ちはだかろうと最高男は譲るつもりなどない。「日本全国のプロレスファンは宮原健斗が2連覇する絵を見たくてしょうがないんだよ。日本全国に待っている人がいるんだ。俺が優勝しないと始まらねえんだよ。2連覇するぞ、オラ!」と言い切った。芦野撃破を足がかりに、連覇へ向けた最高男の逆襲が始まるか。

 対照的に芦野は開幕2連敗。「チャンピオン・カーニバル公式戦で、とても大事な試合というのは自分の中でもわかってたんですけど、それ以上に宮原健斗にだけは負けちゃいけない」との意地があったものの、宮原の軍門に下ってしまった。

 宮原へのリベンジを誓った芦野だが、早くもカーニバル初出場・初優勝へ向けて暗雲が垂れ込めた。残る石川戦(9・21後楽園)、ヨシタツ戦(9・26小田原)に連勝できたとしても、その前に勝ち点6をマークする選手が現れた時点で優勝の2文字は消滅する。それでも芦野は「2勝したところで上がれねえかもしれないけど。石川修司、必ず来週の後楽園、9月21日後楽園ホールで、あの大巨人からタップを奪って、チャンピオン・カーニバル初勝利、俺が泥臭くもぎ取ってやるよ」と誓ってみせた。

【宮原の話】「よっしゃ! 1勝目掴んだぞ、1勝目。コノヤロー、芦野祥太郎。お前とはな、何かこれからも長い付き合いになりそうな気がしてきた。何だろう、この感じ。ただ今日、勝ったのは俺だからね。チャンピオン・カーニバルの公式戦で勝ったんだ。文句言いようがねえだろう。俺は2連覇をする男だ。この世の中に太陽を照らす男だ。2連覇果たすには、俺はもう負けるわけにいかない。9月21日…青柳優馬、試合後に何で入ってきた!? 何も言わずに。何が言いたい? 何が言いたいんだ!? 9月21日、答えは出るのか? 何がしたいんだ、お前? ただな、日本全国のプロレスファンは宮原健斗が2連覇する絵を見たくてしょうがないんだよ。日本全国に待っている人がいるんだ。俺が優勝しないと始まらねえんだよ。2連覇するぞ、オラ!」

【試合後の芦野】
▼芦野「はあ、クソ。ダメだったね。いやあ、痛すぎるな、この敗戦は。クソ。この試合はチャンピオン・カーニバル公式戦で、とても大事な試合というのは自分の中でもわかってたんですけど、それ以上に宮原健斗にだけは負けちゃいけないっていう。公式戦も何も関係なく。相手のほうがキャリアも倍ぐらいあるのかな? それでも俺は、そういうのまったく関係なく、宮原健斗にだけは負けたくなかったんですよ。だからもう1回、俺は必ずリベンジします。必ずシングルでもう1回宮原健斗とやる。これはもう、チャンピオン・カーニバルとか三冠とか関係ないですよ。イチプロレスラーとして、芦野祥太郎として、俺はもう1回宮原健斗と試合したいですね。1対1で。クソ、今日はあと少しまでいったのに。あと少しまでいったんですよ。もうちょっと。そして、残りの試合は落とせないんでね。2勝したところで上がれねえかもしれないけど。石川修司、必ず来週の後楽園、9月21日後楽園ホールで、あの大巨人からタップを奪って、チャンピオン・カーニバル初勝利、俺が泥臭くもぎ取ってやるよ」

――宮原選手からエースというものを感じた?

▼芦野「ここで感じたって言ったら負けでしょう。1ミリも感じてないですよ、1ミリも」