『DANGEROUS GATE 2020』東京・大田区総合体育館(2020年9月21日)
スペシャルシングルマッチ ○Kzyvs土井成樹×

 Kzyが“ミスター大田区"土井を新兵器のクモガラミで絞殺。7ヵ月越しに雪辱を果たした。

 タイトル戦や金網マッチにあぶれてしまったKzyだったが、ビッグマッチの大田区大会で目立とうと、9・9後楽園で“ミスター大田区"こと土井に宣戦布告。土井も「ミスター大田区も舐められたもんやな! お前に体感してもらうぞ」と同意し、実力者同士の一騎打ちが実現する運びとなった。両者は今年2月の後楽園大会でドリームゲート王座を懸けて激突。当時王者だった土井が勝利してタイトルを防衛しているだけに、Kzyにとっては雪辱戦となった。

 のっけからスリリングな先読み合戦に。いきなり土井がマスキュラーボムを仕掛けたものの、切り返したKzyはスピードを活かして土井の攻撃を封じ、要所要所で的確にエルボースマッシュを叩き込んだ。

 後手に回った土井だったが、ミスター大田区らしい破天荒な攻撃を見せる。kzyのトペ狙いを読んで、いち早くエプロンに上がると、断崖式DOI555を敢行。まさかの大技に場内は大きく沸く。Kzyがエプロンに上がったところにはバカタレスライディングキックをグサリ。Kzyはリングアウトギリギリでどうにか帰還したものの、土井は一気に押し切ろうと、DOI555、バカタレスライディングキックで3カウントを迫った。

 粘りに粘るKzyはスカイ・デ・スクールボーイで丸め込んで揺さぶりをかけると、コブラクラッチに捕獲。打撃戦でも押し勝ち、ダブルアーム式DDTからのランニングエルボースマッシュ、KZ.timeなど必勝パターンに持ち込んだが、土井はそのたびに肩を上げる。それどころか2発目のKZ.timeを剣山で撃墜すると、トップロープに足をかけての急角度DDT、バカタレスライディングキック、3連続DOI555と一気呵成に畳みかけ、熨斗紙から再びマスキュラーボムの構えに。

 しかし、間一髪でこれを丸め込んだKzyは、新兵器のクモガラミ(足かけ式変型ヘッドロック)に捕獲。死力を尽くして絞め上げて、ミスター大田区からギブアップを奪った。

 元女子プロレスラー・吉田万里子の必殺技と同型のジャベで試合を制したkzyは「案の定、デンジャラスな試合をしてくれましたね、土井成樹は。でも、俺はそれを耐え抜いて、あんたを絞め落とした。おい、俺があそこでジャベ仕掛けてくるとは思わなかっただろ? 2月の俺とは違うぞ」とリベンジ達成に手応え。「まだまだ今年終わりまで、エンジン全開で止まらねえからな。どこの誰でも気をつけとけよ、コノヤロー」と全方位に宣戦布告した。

【Kzyの話】「大田区、スペシャルシングルマッチ…案の定、デンジャラスな試合をしてくれましたね、土井成樹は。でも、俺はそれを耐え抜いて、あんたを絞め落とした。おい、俺があそこでジャベ仕掛けてくるとは思わなかっただろ? 2月の俺とは違うぞ。言ったはずだ。まだまだ今年終わりまで、エンジン全開で止まらねえからな。どこの誰でも気をつけとけよ、コノヤロー」

【土井の話】「あいつの思う通りになったやんけ。クソ。普通にリベンジされたやんけ。おもろなってきたわ」