『N-1 VICTORY 2020』東京・後楽園ホール(2020年9月23日※夜興行)
Aブロック公式戦 ○望月成晃vs潮崎豪×

 ノア年間最大のリーグ戦『N-1 VICTORY』参戦中のDRAGON GATEの鉄人・望月が、現GHCヘビー級王者の潮崎をAブロック公式戦で撃破。ノア昼夜興行“メイン"の舞台で、今N-1値千金の初白星をつかんだ。

 昨年に続いて2年連続のN-1参戦となった望月だが、これまで1敗1分けと勝ち星なし。崖っぷちで迎えた3戦目は、N-1ヤマ場となる“平日"昼夜後楽園大会の大トリに据えられた潮崎戦だった。

 のっけから潮崎が痛めている“豪腕"を徹底的に攻めた。逆水平の鉄柱誤爆を契機に、多彩な腕攻めで主導権を握った。反撃に出たGHC王者が豪腕ラリアットをぶっ放してきても、3度に渡って右腕を狙った真・最強ハイキック(右ハイキック)を叩き込む。

 さらには脇固めや逆十字固めで追い打ちをかけ、逆水平を浴びても、「痛えな!」となりふり構わず生拳の右ストレートを発射だ。さらには顔面ソバット、ランニング式バズソーキック、真・最強ハイキック…と猛烈な蹴撃で畳み掛ける。

 それでも潮崎は沈まず。逆にカウンターの豪腕ラリアットを叩き込んで両者大の字に持ち込むと、望月から右腕へのミドルキックを受けても構わずにゴーフラッシャーをズバリ。なおもミドルキック3連打を蹴り込んでくる望月を豪腕でなぎ倒すや、握り拳からのムーンサルトプレスを投下した。

 王者らしくすべてを受け切った潮崎が逆転勝利…かと思いきや、望月はヒザを突き立てて撃墜。立て続けに三角蹴りを叩き込む。直撃を受けても倒れない潮崎は、カウンターの豪腕ラリアットから、正調の豪腕ラリアットを狙ったものの、避けた望月はロープの反動を利用してのドラゴンスープレックスホールドで固め、ギリギリで3カウントが数えられた。

 潮崎は「スリー入ってない」と猛抗議したものの、当然裁定は覆らず。メイン熱闘の末の初黒星に天を仰いだ。

 望月としては、3戦目にして現GHCヘビー級王者を撃破する値千金の初白星。ノアファンからも送られる万雷の拍手のなかでマイクを握ったDRAGON GATEの鉄人は「N-1 VICTORY、2年連続出場。初戦、清宮海斗に時間切れ引き分け。2戦目、桜庭和志にタップアウト。そして今日、GHCヘビー級チャンピオンの潮崎豪に勝ったぞ! これで1勝1敗1引き分け。残り2つ、それに勝っても決勝に届くかわからないですけど、最後の最後まで望月成晃らしく、N-1に相応しい試合を続けていきますんで、皆さん、他団体ながらご声援よろしくお願いします」と逆転Vを見据えるや、再び聖地後楽園を大きな拍手が包んだ。

 続く9・26新潟大会では征矢学、最終公式戦となる10・4後楽園大会ではマサ北宮との公式戦がスタンバイ。「次回後楽園ホール大会、10月4日、N-1 VICTORY公式戦最終戦、そこまでなんとか生き残りますんで、今日来た方々は必ず4日も来るように。そして、せっかくノアさんのリングでメインの締めを任されたということで、ちょっと調子に乗っていいですか? その10月4日の3日後、10月7日にはDRAGON GATE後楽園ホール大会もございます。ぜひともお時間があったら、足をお運びください」と“ホーム"リングもしっかりPRしながら、ノアの昼夜後楽園を締めくくった。

 ともあれ、潮崎が敗れたことで今N-1はAブロック、Bブロックともに無敗が消える混戦模様に。サバイバルの度を深めつつ、佳境へと突入する。

【望月の話】「ちょっと座らせてもらいますよ。(コメントブースの床に座り込むと)まあ、昨年は決勝ギリギリまで、行くか行かないかの惜しいところまでいきましたけど、さすがに今日で終わったと思った人は多いでしょう。俺も思ってた。清宮、桜庭、この試合で最低でも2点取っておかないと、今日は迎えられないなと思ったんですけど。でも、作戦がハマった、それに尽きますね。真正面からやって叶うわけないんで。俺もいろんなラリアット食らってきたし、最後のあそこはワンチャンスだと思って、なんとか立ち上がりました。残り2戦、征矢と北宮。2つ勝ったら、7点になるのかな? これは可能性あると思うんで。去年言わせてもらった言葉をもう1回言わせてもらいます。他団体から来た175cm、85kgの50歳が第2回N-1獲ったるからな。お前ら、見とけよ」