『レック Presents G1 CLIMAX 30』香川・高松市総合体育館第1競技場(2020年10月5日)
Aブロック公式戦 ○石井智宏vsタイチ×

 石井とタイチが今年もG1を舞台に意地の激闘を展開。石井が真っ向からねじ伏せての3カウントで2勝目をつかみ取った。

 NEVER戦で激闘を繰り返し、昨年G1公式戦でも死闘で武道館を揺らした両雄。今年も同じAブロックに入り、高松を舞台に相対した。

 やはりのっけから真っ向からの打撃戦を展開したが、得意の場外戦で流れをつかんだタイチが主導権。ラフも交えて押しまくったが、「どうしたオラ」と顔面を踏みにじられて石井も本格“着火"した。

 凄みある表情でタイチのミドルキックを受け止めるや、コーナーに詰めての逆水平&エルボーの鬼乱打で逆襲。譲らないタイチもバズソーキックやジャンピングハイキックで真っ向からねじ伏せにかかり、石井の頭突きを受けても強烈なエルボーで視線をさまよわせるや、後頭部アックスボンバーからの急角度バックドロップで決定機をつかんだ。

 窮地の石井も続くブラックメフィストこらえるや、コーナーへ投げ捨てるパワーボムを発射。さらにはカウンターのラリアットもぶっ放した石井は、タイチが狙った急所攻撃も先読みして頭突きをズバリ。なおもタイチがバズソーキックを仕掛けてきても、首と肩ではさんで真っ向から受け止める驚異のタフっぷりを発揮し、殴るようなエルボー、ハイアングルパワーボム…とどんどん前へ。さらには読み合いの中で左のローリングラリアットもぶっ放し、助走十分のラリアットをクリーンヒットさせた。

 シーソーゲームはまだまだ続く。追い込まれたタイチも石井必殺の垂直落下式ブレーンバスターは着地。逆にレフェリーの死角を作って急所を蹴り上げ、タイチ式外道クラッチでニアフォールまで追い込むと、タイチ式ラストライドで仕留めにかかった。

 石井も肩を上げる。続く天翔十字鳳を避けた石井は、ジャーマンで投げ捨て、意地のタイチが立ち上がってもノーハンド頭突きでエグく一撃。自らコーナーに頭を打ち付ける壮絶な“気合い入れ"をみせた石井が、こん身のラリアットを叩き込んだ。

 なおも屈さぬタイチも、追撃をしのいで逆にアックスボンバーを見舞うと、再び急角度バックドロップへ。天翔十字鳳をしのがれてもジャンピングハイキックをドンピシャリと決め、なおも突っ込んでくる石井をカウンターで担ぎ上げてのブラックメフィストで仕留めにかかった。

 だが、石井も着地。両者極限状態の読み合いをジャンピングハイキックで制すや、立て続けにスライディングラリアットへ。そしてようやく垂直落下式ブレーンバスターで突き刺して3カウントをつかんだ。

 今年も壮絶な激闘の末に石井に軍配。昨年G1ではタイチに軍配が上がっていただけに、今年は石井が取り返して2勝目を上げた。「ようし。タイチ、やっぱテメエ、こういうプロレスがやりてえんだろ? なあ? お見通しなんだよ。今までなんだよ、誰かの目を気にしてたのか? それとも、こうじゃいけねえって自分に言い聞かせてたのか? 笑かすなよ。気づくのが遅いんだ」と指摘した石井は「こういう試合なら、いつでも相手になってやる」と、さらなる“死闘上等"の構えを鮮明にした。

【石井の話】「(※コメントスペースにたどり着いても、しばらく壁に顔を埋めて首の後ろを押さえている。気を取り直したように振り返り)ようし。タイチ、やっぱテメエ、こういうプロレスがやりてえんだろ? なあ? お見通しなんだよ。今までなんだよ、誰かの目を気にしてたのか? それとも、こうじゃいけねえって自分に言い聞かせてたのか? 笑かすなよ。気づくのが遅いんだ。ああ? でもいい。気づいたらそれでいい。こういう試合なら、いつでも相手になってやる」

【タイチの話】「(※コメントスペースにたどり着くや、崩れ落ちるようにフロアに片ヒザを着く)だから言ってんだろ、コノヤロー。これだから、これだから石井はもういいんだよ。もういいよ、あいつ。死んじまうよ、あんなヤツと(試合)やったら。もういいよ。5年に1回でいいよ。4年に1回でいいよ。(次に闘うのは)次のオリンピックの年、それでいいよ。それで十分だ。石井、テメエとやったら調子狂うんだよ。全部の調子狂うんだよ、テメエ。ふざけたこと、ふざけたことやってんだったって。テメエは丸腰だ。俺は今、(IWGPタッグ)チャンピオンなんだ。立場違うんだ。ふざけたことぬかすな」