『レックPresents G1 CLIMAX 30』愛知県体育館(ドルフィンズアリーナ/名古屋)(2020年10月11日)
「G1 CLIMAX 30」Bブロック公式戦 ザック・セイバーJr.vsYOSHI-HASHI×

 YOSHI-HASHIが奮闘空しく6敗目。腕攻めを完遂したザックが優勝圏内に生き残った。

 苦闘が続くYOSHI-HASHIは3戦目でSANADAから初白星を奪ったものの、1勝5敗と大きく負け越し。すでに脱落も決まっているが、試合内容では内藤、棚橋らを大いに苦しめてきたように充実の一途をたどっている。

 2勝目を挙げたいYOSHI-HASHIの相手はザック。序盤は互角の先手争いを繰り広げたYOSHI-HASHIだが、ザックが左腕へのピンポイント攻撃を開始すると守勢に回ってしまう。関節技だけでなくサッカーボールキックなど打撃技でも狙い撃ちされ、腕極めケサ固めで絞め上げられて苦もんの時間が続いた。

 名古屋のファンは手拍子でYOSHI-HASHIを後押し。呼応するように腕ひしぎ逆十字を阻止したYOSHI-HASHIは、左腕にミドルキックを連発されてもジャンピングスピンキックでようやく反撃を開始。さらなる手拍子の中、雄たけびを上げたYOSHI-HASHIは逆水平連打、顔面への低空ドロップキックで巻き返し、ライガーボムで叩きつけてからバタフライロックで絞め上げた。

 だが、腕攻めのダメージの影響もあってかザックを仕留めるには至らない。それでもYOSHI-HASHIは再びバタフライロックで捕らえ、アームロックとの複合技に持ち込んだものの、耐えたザックは左腕へのストンピング、ランニングローキックで逆転。意地のYOSHI-HASHIもラリアット、ランニングダブルニーで攻め立てて粘ったが、カルマは2度ともザックが決めさせず。最後は変型クラーキーキャットで左腕を絞め上げると、YOSHI-HASHIはたまらずギブアップするしかなかった。

 この日もあと一歩のところまで迫りながら両目は開かず6敗目を喫した。Bブロックで最も1勝の重みに苦しんでいるYOSHI-HASHIだが、まだ心は折れていない。残り2戦(10・14横浜のKENTA戦、10・17両国の矢野戦)へ向けて「G1 CLIMAXは終わってないからな。まだあと二人いるだろ。全く俺の気持ちは砕けてないからな。1個でも勝ちを拾って最後2戦、締めてやるからな」と勝利にかける執念を燃え上がらせた。

 一方、ザックは得意の腕攻めで料理したが、YOSHI-HASHIの奮闘によって随所で苦しめられた。それはザックの想像を超えていたようで「本当にあいつYOSHI-HASHIだったか?」と驚きを隠せず。「どうやらステイホーム期間を有効に使って少しは強くなったようだ。今日のところは認めてやる」とYOSHI-HASHIを評価した。

 これで4勝目。首位の内藤、EVILとは2点差で、優勝圏内に生き残った。残る公式戦はジュース戦(10・14横浜)、棚橋戦(10・17両国)のみとなった。

【ザックの話】「本当にあいつYOSHI-HASHIだったか? YOSHI-HASHIがG1に出てるのか? 2年前、あいつが勝手に転んでケガしたことを覚えてるか? でも、今日のチョップの威力は凄かったぞ。どうやらステイホーム期間を有効に使って少しは強くなったようだ。でも、もし仮にあいつが2冠王にでもなったりしたら、マジでこの世は終わりってことだ。普段ならYOSHI-HASHIのことを好き放題こき下ろしてるけど、今日のところは認めてやる。今日のあいつには正直驚いた」

【YOSHI-HASHIの話】「もう、少し前から決勝いけないけど、『G1 CLIMAX』は終わってないからな、オイ。まだあと2人いるだろ。まったく俺の気持ちは砕けてないからな、オイ。1個でも、1個でも勝ちを拾って、最後2戦、締めてやっからな」