『Road to Ultimate Party 2020』東京・後楽園ホール(2020年10月25日)
KO-D無差別級選手権試合公開調印式

 KO-D無差別級選手権試合の公開調印式で、遠藤が「結局、何をやろうが、最終的にはチ○コ、そして、イスを使って殴る、それしか能のないB級レスラー」と佐々木を酷評。これに激怒した佐々木はその言葉の通り、金的とイス攻撃で制裁を加え、予行演習とばかりにクロスフェースで絞め上げた。

 当初はあくまでもDAMNATIONの同門対決と目されていた11・3大田区でのKO-D無差別級選手権試合「(王者)遠藤vs佐々木(挑戦者)」だが、9・27後楽園大会で遠藤が佐々木をDAMNATIONから追放したことで、一転して遺恨マッチに。決戦直前の後楽園大会では両者とも試合に出場せず、公開調印式を行った。

 互いに黒いスーツ姿でリングに上がった2人。調印証にサインを入れ、11・3大田区で両者のタイトルマッチが正式に開催される運びとなった。すでに臨戦状態の2人は調印式の場でも舌戦を展開した。

 佐々木は「この後楽園ホールであの日こいつらに裏切られた。あの日のことは今でも思い出すと、すぐにでもブチ切れそうになる」と怒りをにじませ、「俺はもういつでも準備はできてるから。今すぐやってもいいし、今来ているお客さんだって今見たいでしょ? 今すぐやってやろうか」と徹底挑発した。

 一方、遠藤は余裕を崩さず。「11・3大田区、佐々木大輔を指名した時点で、まあ、僕自身、揺さぶりをかけられることっていうのはある程度覚悟してました。まあ、これもチャンピオンとしての宿命だと思って、広い心で受け止めております」と上から目線で語り始め、「結局、何をやろうが、最終的にはチ○コ、そして、イスを使って殴る、それしか能のないB級レスラーです」と佐々木をこき下ろした。佐々木はテーブルを倒して暴れ出すが、遠藤は微動だにせず、「対戦相手の佐々木大輔選手には、11・3大田区での引退の準備を進めていただこうかなと思います」と通告した。

 なんとか場が収まると、2人は並んでカメラマンのフラッシュを浴びるが、佐々木が背中を見せた瞬間、遠藤は背後から襲撃して佐々木のスーツを引き裂いた。今林APが止めに入ると、今度は佐々木が逆襲。今林APごとまとめて遠藤に金的攻撃を浴びせると、パイプイスで執ように背中を痛打し、クロスフェイスで絞め上げた。セコンドが割って入り、混乱は収まったが、タイトル戦直前に遺恨がさらに激化する結果となった。

【調印式の模様】
▼佐々木「この後楽園ホールであの日こいつらに裏切られた。あの日のことは今でも思い出すと、すぐにでもブチ切れそうになる。まあ、そんなことは置いといて…。今、俺が考えていることはこいつのこの最後のメッキ、KO-Dのベルトを奪うこと。俺はもういつでも準備はできてるから。今すぐやってもいいし、今来ているお客さんだって今見たいでしょ? 今すぐやってやろうか。(乱闘寸前になるも止められると)まあ、今日はやらないってことで」

▼遠藤「第75代KO-D無差別級王者・遠藤哲哉です。11・3大田区、佐々木大輔を指名した時点で、まあ、僕自身、揺さぶりをかけられることっていうのはある程度覚悟してました。大和ヒロシが助けに入ったり、時にはくいしんぼう仮面の中身と入れ替わったり。まあ、これもチャンピオンとしての宿命だと思って、広い心で受け止めております。結局、何をやろうが、最終的にはチ○コ、そして、イスを使って殴る、それしか能のないB級レスラーです」

▼佐々木「ガタガタ言ってんじゃねえぞ!」

※怒り心頭の佐々木がテーブルを倒して暴れ出すが、周りが止めに入る。遠藤は微動だにせず、話し続けて

▼遠藤「対戦相手の佐々木大輔選手には、11・3大田区での引退の準備を進めていただこうかなと思います。あと、KO-D無差別級のベルトっていうのは、佐々木大輔が塗ったメッキではなく、俺自身が俺の力で田中選手から獲った、俺が俺であるための証、そう思っております」