『Road to Ultimate Party 2020』東京・後楽園ホール(2020年10月25日)
○竹下幸之介&彰人vs秋山準&大石真翔×

 一騎打ちの最終前哨戦は竹下に凱歌。秋山の眼前で新兵器・ダブルレッグスープレックスを投入し、絶好調で大田区決戦に進むことになった。

 11・3大田区でのシングルマッチに向けて、約1ヵ月半にわたり、前哨戦で火花を散らしてきた竹下と秋山だが、それも今大会が最後。ALL OUTの竹下が彰人と、準烈の秋山が大石とそれぞれタッグを組んで、最後の前哨戦に臨んだ。

 気合い十分の2人は先発を買って出ると、エルボー合戦で激情をぶつけ合う。秋山のジャンピングニーをかいくぐり、フロントハイキックで場外に蹴落とした竹下は、鉄柵に投げつけられても止まらず、ショルダータックルを発射。負けじと秋山は再度鉄柵に投げつけてフロントハイキックを見舞い、互いに一歩も引かなかった。

 その後、彰人が準烈の集中砲火を浴びる展開になるが、それでも彰人がブレーンバスターで秋山に一矢報いると、代わった竹下がリングに飛び込み、再び2人が対峙した。

 躍動感溢れる串刺しジャンピングエルボーやフライングラリアットを繰り出した竹下はフェイスロックで絞め上げると、フロントハイキックからジャーマンの構え。しかし、秋山もカウンターのラリアット、ランニングニーで押し返すと、フロントネックロックで絞めに絞めた。彰人のカットが間に合ったものの、チャンスを掴んだ秋山はエクスプロイダーで追撃。竹下は即座に立ち上がって投げ捨てジャーマンを見舞うと、さらにエクスプロイダーとジャーマンが連鎖する。止まらない竹下はランニングニーで押し切りにかかるも、秋山もラリアットで譲らず、2人の攻防はまったくの五分と五分に終わった、

 試合を決めたのは竹下だった。奮闘する大石をローリングエルボーで黙らせると、股の間から相手を掴んで投げる新兵器のダブルレッグスープレックスホールドで快勝。試合後、竹下はマイクを掴もうとするが、秋山はもう言葉はいらないとばかりにそれを奪い取って投げ捨てる。視殺戦を繰り広げたあと、リングに残った竹下は生声で「大田区、絶対勝ってやるからな!」と雄叫びを上げた。

 「まあ、大田区前最後の前哨戦なんで。僕はちゃんと絶好調のところを見せて、これで竹下vs秋山はどうなるのかって、プロレスのマスコミも人もそうやし、選手もそうやし、お客さんも『どうなるのか読まれへんな』って思ってもらえてたら、前哨戦の意味があったんじゃないでしょうか」と充実感を漂わせながら「絶好調」を強調した竹下。パートナーの彰人はその好調ぶりに太鼓判を押しつつ、前哨戦で新技を見せてしまったことに疑問を投げかけるが、竹下は「108個あります。そのうちの3つぐらい出したんで、あと105個ありますんで」とさらなる新技の存在をほのめかした。

 秋山の受け身の技術に警戒心を見せながらも、竹下は「僕の脳と心と体と筋肉のミックス具合がちょうどいいんで任せてください。大田区、僕も楽しみです」と前向き。「もうとにかく的確に一発一発、魂込めて秋山さんに食らわしていきます」と予告した。

 一方、秋山は「あんなのやられたら、41(の大石)でもこんななのに、51はちょっとヤバいよね」と新技に警戒心をあらわに。それでも「体も動いているし、まあまあいい勝負できるんじゃないですか。俺のいい勝負は勝つことなんだけど」とこちらも万全を強調して勝利を見据え、シングルリーグ戦・D王GP出場にも含みを持たせた。

【試合後の竹下&彰人】
▼竹下「まあ、大田区前最後の前哨戦なんで。僕はちゃんと絶好調のところを見せて、これで竹下vs秋山はどうなるのかって、プロレスのマスコミも人もそうやし、選手もそうやし、お客さんも『どうなるのか読まれへんな』って思ってもらえてたら、前哨戦の意味があったんじゃないでしょうか。どうでしょう?」

▼彰人「竹ちゃんは物凄く本当に絶好調。ここまで僕が見たことないぐらい絶好調。1個だけちょっと気になるところがあって。やっぱ大石さん相手に新技をいくつか出したじゃん。あそこで好調を見せるために新技を見せたことによって、手を読まれたみたいなのはないの? 大丈夫?」

▼竹下「大丈夫です。大石さんと戦う時は毎試合、新技を試しているんで」

▼彰人「じゃあ、まだあと108つぐらい残ってる?」

▼竹下「残ってます。108個あります。そのうちの3つぐらい出したんで、あと105個ありますんで。大石さんに出したのが秋山さんにも決まるかどうか、それは置いといて、僕の手応え。僕の脳と心と体と筋肉のミックス具合がちょうどいいんで任せてください。大田区、僕も楽しみです」

――最後はマイクで喋ろうとしたら、秋山選手に払われた。なんて言われた?

▼竹下「それは内緒です」

▼彰人「まあまあ、リング上ではもうごちゃごちゃ言う必要はないだろうってことだと思いますよ」

▼竹下「お互い戦いでわかっているんで。僕は今日初めて投げっぱなしですけど、自分の得意なジャーマンを秋山さんにぶち込んでいるんで。まあ、どう感じたのかわからないですけど」

▼彰人「俺は近くで見てたんだけど、秋山さんは2回ジャーマン受けて、違う受け方してたんだよ。やっぱね、受け身が凄いね。だから、自分が手応えあったとしても、秋山さんがまだまだ元気だったりするかも」

▼竹下「これは本当にそうで、わからないんで。もうとにかく的確に一発一発、魂込めて秋山さんに食らわしていきます」

【試合後の秋山&大石】
▼大石「すいませんでした」

▼秋山「勢いつけるために勝たないといけないところだよ」

▼大石「はい。なんかすいません」

――11月からD王GPというリーグ戦があるが?

▼秋山「そこ? 3日あるのにそこ? まずは3日ね。俺を前にして緊張して、そこを聞いちゃったの? 飛ばしちゃった? 怖いんだろうなあ。女の子には優しいんだよ、俺。男には怖いけど」

――最後の前哨戦で戦ったが、最後は新技だった

▼秋山「あんなのやられたら、41でもこんななのに、51はちょっとヤバいよね」

▼大石「頭を死ぬかと思うぐらい打ちました」

▼秋山「でも、体も動いているし、まあまあいい勝負できるんじゃないですか。俺のいい勝負は勝つことなんだけど」

――最後に竹下選手がマイクを取ろうとしたが、秋山選手が払った

▼秋山「いっぱいマイクするでしょ、みんな。もういらないだろうって。体と体で今は語り合ったから。まあ、もちろんマイクが必要じゃないとは言わないけど、いっぱいやっているところでいらないだろうって。あとはもうやるだけだから。どうせ明日も会見かなんかあるから、明日いっぱい喋ればいいじゃん。あいつは喋ると、大阪人だから言葉が軽いから。俺も大阪だけど」

▼大石「そうですよね」

▼秋山「同じ大阪だけどさ、あいつの言葉は軽いんだよ。だから喋らないほうがいいよ。で、D王GP? まあまあ、ほとんど竹下のALL OUTとやってて、他の選手とも全然やってないんで、興味がないことはないけど、『よし』というものがあと何日かの間にいければ、『よし、いこう』となるだろうし。でも、わりと今の自分の動ける状態を考えたら、いけるかなという気もするけど、もうちょっと考えます」