『Road to POWER STRUGGLE』東京・後楽園ホール(2020年11月2日)
○ジェイ・ホワイト&KENTA&チェーズ・オーエンズvs飯伏幸太&棚橋弘至&本間朋晃×

 ジェイが挑戦権利証の入ったブリーフケースを強奪し、飯伏を無法KO。二冠獲りを狙うEVILには意味深げにエールを送った。

 11・7大阪で飯伏の持つ二冠王座挑戦権利証奪取を狙うジェイ。前哨戦では権利証の入ったブリーフケースにも注目が集まり、前日にはジェイが自分仕様のケース準備を要求していたが、この日の試合もそのブリーフケースが焦点になった。

 序盤はBULLET CLUBが本間を蹂りんして主導権を握る。その中でKENTAは11・7大阪でUS王座挑戦権利証を懸けて争う棚橋をエアギターならぬエアバイオリンで挑発。本間を真似て小こけしを落とすと見せかけて、コーナーの棚橋を場外に突き落とした。

 こき下ろされた棚橋も黙ってはいない。タッチをもらうと、得意のフライングフォアアームやドラゴンスクリューでKENTAを圧倒する。KENTAも一騎打ちさながらにスイング式スタンガンやダイビングラリアットなど大技ラッシュで巻き返すが、go 2 sleepは不発。棚橋は打撃戦を真っ向から繰り広げ、ショートレンジ式スリングブレイドで押し勝ってみせた。

 飯伏とジェイも火花。ソバットやレッグラリアットを唸らせたゴールデン☆スターは、その場飛び式ムーンサルトプレスで拍手を巻き起こす。老かいなジェイもマンハッタンドロップ、DDTの連続攻撃で相手の動きを止めると、デスバレーボムをズバリ。だが、飯伏もカウンターのフランケンシュタイナーで一歩も引かなかった。

 試合はこけしロケットや小こけしを繰り出して奮闘した本間をジェイがブレードランナーで黙らせて圧勝。試合を制したジェイは狼藉を働く。挑戦権利証の入った飯伏仕様の青いブリーフケースを強奪すると、ゴールデン☆スターを殴打。KENTAも同時にUS王座挑戦権利証の入ったブリーフケースを棚橋に振り下ろし、正規軍の2人を同時にKOした。

 US王座のブリーフケースは穴が空いて大破。KENTAは自分勝手に「お前が壊しただろ?」と怒りをあらわにし、テレビドラマ『半沢直樹』さながらに「詫びろ、詫びろ、詫びろ!」と逸材に迫った。ジェイは権利証は自分のものと言わんばかりに、青いブリーフケースを持ってリングを去っていく。怒り心頭の飯伏はなんとか立ち上がると、止めるセコンドを振り払い、BULLET CLUBを追いかけたがあとの祭り。ジェイの暴走ばかりが目立つ結果となった。

 バックステージでブリーフケースを掲げたジェイは「これはもう俺の物だ。いや、もともと俺の物だったんだよ。イブシはあくまでも一時的に持っていただけだ。そもそもイブシはこれを持つにはふさわしくないだろう」と言い張り、「あいつに勝っている俺が優勝者と呼ばれないなんておかしくないか? どうせお前らは否定するだろうが、真のG1優勝者はこの俺だ!」と豪語した。

 「6日後にはハッキリする! この中の権利証に書かれたイブシの名前は二重線で消され、俺の名前が上書きされるんだ。だからこのブリーフケースのデザインも新調してくれ」と前日に続き、ケース新調を要求したジェイは、同じく大阪大会で内藤の二冠王座に挑むEVILにも言及した。前日は「どっちが勝っても大して変わらない」と語っていたが、この日は一転して「EVIL、大阪のメインはお前の試合だな。口だけじゃないと証明してくれよ。BULLET CLUBのリーダーの座を狙っているんだろ? じゃあ、結果で証明しろ! 俺はロッカールームからお前を応援してやるよ。EVIL、頑張ってくれよ。そして、東京ドームで会おう」と意味深げにエールを送った。

 EVILも東京ドームでの対戦相手にジェイを熱望しており、大阪決戦の結果次第なところがあるにせよ、G1期間中に巻き起こったBULLET CLUBの内紛が再燃しつつある。11・7大阪、そして新春の東京ドームに向けて各選手の思惑が激しく交錯し始めた。

【試合後のジェイ、外道】
▼ジェイ「(※権利証のブリーフケースに自分のタオルをかけたものを示して)何で俺がこのブリーフケースを持ってるのか分からないって? イブシが来たと思ったか? これはもう俺の物だ! いや、もともと俺の物だったんだよ。イブシはあくまでも一時的に持ってただけだ。そもそもイブシはこれを持つにはふさわしくないだろう。俺に勝ってないあいつが『G1 CLIMAX』優勝者を名乗るんだ!? アイツに勝ってる俺が優勝者と呼ばれないなんておかしくないか? どうせオマエらは否定するだろうが、真のG1優勝者はこの俺だ! だからブリーフケースは俺の物だ! 6日後! 6日後にはハッキリする! この中の権利証に書かれたイブシの名前は二重線で消され、俺の名前が上書きされるんだ。だからこのブリーフケースのデザインも新調してくれ! 外道、もう話はつけてくれたか?」

▼外道「もちろん、もう頼んであるよ。昨日オーダーした」

▼ジェイ「ゲドー、ありがとな。これで安心して試合に臨める。大阪でイブシをボコボコにしてやるだけだ! EVIL、大阪のメインはお前の試合だな。口だけじゃないと証明してくれよ。BULLET CLUBのリーダーの座を狙ってるんだろ? じゃあ、結果で証明しろ! 口だけじゃなく結果で見せてみろよ。俺はロッカールームからお前を応援してるよ。EVIL、頑張ってくれよ。そして東京ドームで会おう。もしEVILが大阪で負ければ、俺の東京ドームの相手は(※内藤のポーズを真似しながら)内藤ってことだな」

【KENTAの話】「怒ってるぞ、俺は今日! 分かるよな、何でか! (※カメラマンに)映せよ、これ! (※と、正面が割られたブリーフケースを指差す)どうしてくれるんだ、アイツ! エース…何がエースだ、こんな…昨日は見た? 昨日! (※座り込みながら報道陣に)座れ、座れ! 昨日、アイツが俺のこれ盗もうとしてたの見た? (※カメラ、うなずく)それで今日、ぶっ壊して? 何だ、アイツ! それで新日本のエース? (※苦笑しながら)そんなヤツ、エースになっちゃダメだろ! な! 許さんぞこれ! どうしてくれるんだ、コイツ! あぁ!? ふざけやがってよぉ。ほんで? 大阪まであと数日。もう大阪より前、来んの? (※カメラ、首を横に振る)ということは、俺がカメラの前でこうしてしゃべるのは大阪前、これが最後だ。大阪、これ(※ブリーフケースを何度も叩く)、マジで渡す気ねぇから。オマエらが? これをきっかけに? 棚橋の? 復活を? 見たいのか何なのか? それは俺には全く関係ねぇこと。俺が何で新日本に来たか。もう一回輝くためだよ! そのために俺は来たんだよ。来て、1年…半近く経って、そろそろ『IWGP』と名のつくもの、手に入れたいと思っても、それは当たり前のことでしょ? したらこれ(※ブリーフケースを叩く)、(タイトルマッチが)いつになるか分からない。いつやんの? でもそれまで俺はこれを守り続けるよ。棚橋に渡す? そんなこと、絶対しねぇから。アイツも俺も、まぁプロレスキャリアとしては同じぐらいだと思う。ほとんど変わらなかったと思う。まぁアイツが約20年、どういう道を歩いてきたか、それは俺は分からない。でも俺なりの20年もある。それをお互い大阪でぶつけ合えばいいんじゃないの? その上で、このブリーフケース、俺は必ず守るから。そしてアイツに(※ブリーフケースの壊れているところを叩く)弁償させるよ。(※ひざ立ちになって)これ、どうしてくれるんだよ。まぁ結局、俺が何言いたかったかっていうと……試合開始前、本間がリング上で何か言ってきたけど、マジでホントにリアルに何言ってるか分かんなかったってこと!」

※オーエンズはノーコメント


【飯伏の話】「(※頭を押さえながらインタビュースペースに駆け込んできて)あぁ! (※怒りのにじむ口調で)僕の、権利証どこだ。オイ、ジェイ、明日絶対取り返す。明日持って来いよ! 持って来いよ(※と言いながら控室へ)」

【棚橋の話】「(※インタビュースペースに肩を借りてたどり着くが、一人になると壁に寄りかかって)ハァー……KENTA! (※息を整える)俺から1個だけ言っとく! 大阪で、その権利証、俺が獲るから、しっかり直しとけよ!」

※本間はノーコメント