『DDT TV SHOW! #11』が8日、DDT TV SHOWスタジオで無観客で行われ、『D王 GRAND PRIX 2021』での初戦対決(11・22後楽園)へ向け、KO-D無差別級王者・遠藤哲哉と秋山準が4年5ヵ月ぶりに激突した。

 11・3大田区大会で佐々木大輔を破ってKO-D王座を防衛した遠藤は王者としてD王GPに臨む。しかも開幕戦の11・22後楽園大会の相手は秋山。自ら初戦激突を希望してシングル初対決が実現することになった。

 開幕を2週間後に控えるこの日、遠藤が佐々木&高尾蒼馬&マッド・ポーリー、秋山が大石真翔&渡瀬瑞基&岡谷英樹とそれぞれ組んで対戦。両者が相まみえるのは全日本2016年6・15後楽園大会(秋山&青柳優馬組vs竹下幸之介&遠藤組)以来4年5ヵ月ぶり。DDTでは初となった。

 両者はD王GPを見据え、試合権利がない場面で激しいエルボー合戦を繰り広げるなど闘志あふれる攻防を展開。秋山がエクスプロイダーを決める場面もあったが、最後は遠藤がゆりかもめで岡谷にギブアップ勝ち。前哨戦は遠藤が制する形となったが、試合後も遠藤と秋山はエルボーの応酬で激しくやり合った。

 「4年半くらい前に1回やったときとは自信、顔つきも全然違った。別人と思っていい。チャンピオンだし」と遠藤を評した秋山。初出場となるD王GPへ向け、「22日、初戦でありがたいことに、ご指名いただいたんで。チャンピオンから取れば、いろいろ話ができると思う。取れるようにしたい」と初戦でのKO-D王者狩りを予告した。

 対する遠藤は「秋山準、ゾクゾクした。一瞬の絡みしかなかったけど、あの一瞬で竹下(幸之助)に勝つ理由がわかった」と興奮を隠せない。もちろんKO-D王者として譲るつもりはなく、「DDTのチャンピオンで、DDTで一番強いのはこの俺。後楽園では何が何でも俺が勝つ」と必勝を誓った。

 また、いったんはDAMNATIONから追放されながら出戻った佐々木は、遠藤から看板持ちによるやり直しを指令されていたが、「違和感しかねぇ。やりづらいぞ。看板を持ってくるの忘れた」としれっと拒否。「見届けに来た。秋山、オマエの闘魂でやってやれ!」と秋山戦を控える遠藤にエールを送った。