『PREMIUM PRELUDE 2020』静岡・アクトシティ浜松(2020年11月14日)
○清宮海斗&潮崎豪&大原はじめ&YO-HEY&吉岡世起vs拳王&中嶋勝彦&覇王&タダスケ&仁王×

 11・22横浜武道館大会のGHCヘビー級王座戦「(王者)潮崎vs中嶋(挑戦者)」、GHCナショナル王座戦「(王者)拳王vs清宮(挑戦者)」に向けた最後の前哨戦は、潮崎&清宮サイドに軍配。潮崎は「右腕の刃」、清宮は「絶景」宣言をそれぞれ放って、ノア正規軍のエース2トップが横浜武道館決戦へ最後の追い風を吹かせた。

 決戦8日前となった浜松大会のメインイベントで、最後のダブル前哨戦。のっけから拳王と清宮がハイテンポのエルボー合戦で猛火花を散らせば、潮崎と中嶋も中盤に入って重い逆水平と左ミドルを交錯させた。

 中盤過ぎには再び拳王と清宮が強烈な攻防を展開。低空ドロップキックをその場飛びフットスタンプで迎撃する離れ業を拳王が繰り出せば、清宮も追尾式ジャンピングニーからの急角度ジャーマン、そしてタイガースープレックスホールドとつなげて一気に3カウントを迫る。

 中嶋のカットに救われた拳王も、スキを突いた右ハイキックで清宮を一撃でKO状態に追い込むと、仁王ら金剛ジュニア勢が清宮に殺到。3人がかりの合体シットダウン式パワーボムでスーパーノヴァを追い込んだ。

 だが、仁王の追撃をカウンターのジャンピングニーで阻んだ清宮は、カットに飛び込んできた拳王を変型エメラルドフロウジョン(オーバースロー)で排除。返す刀でタイガースープレックスホールドで仁王を固めて3カウントを奪ってみせた。

、最後のダブル前哨戦は、ノア正規軍の2大エースコンビに軍配。試合が終わっても、中嶋から右腕を痛めつけられた潮崎だったが、すぐさまマイクを握ると「中嶋! 11・22横浜武道館! お前にこの右腕をもがれようが、このベルトは渡さない!」と通告。痛みをこらえる王者の姿に、ニヤニヤが止まらない中嶋も、さらに一発右腕を蹴り飛ばしてから無言で引き上げた。

 清宮も拳王相手にマイクを握る。11・8後楽園大会では“女子アナと合コン"を糾弾され、自身が標ぼうする“絶景"も「汚い大人たちが創った、カネの匂いしかしない人工的な景色」と断じられたが、「おい拳王! “絶景"が汚い大人に創られたもの…会社に創られたものだと!? そこまで言うなら俺が本心で言った言葉なのか、会社が創った言葉なのか、横浜武道館で確かめるがいい。だけどな! その先でこのベルト(ナショナル王座)を巻いてるのは拳王じゃない……清宮海斗だ!!」と面と向かって宣告した。

 最後は潮崎が「清宮、GHCナショナル…絶対取れよ! そしてまた、ここに二人で戻ってこよう。俺とお前でノア、盛り上げていこうぜ」と防衛&奪取を誓い合い、清宮が「「横浜武道館で…皆さんの前で“絶景"を見せたいと思います!」と改めて公約して締め。

 さらにバックステージでは潮崎が「あいつにズタズタにされたこの右腕……この“右腕の刃"をあいつに突き立ててやるよ」と豪腕に力を込めた。もう前哨戦はない。あとは決戦を迎えるのみ。緑の系譜を継ぐノアの2大エースが、それぞれの怨敵突破へ全集中態勢に入った。


【潮崎の話】「11・22横浜武道館。こいつ(清宮)が拳王からベルトを獲り、俺がこのGHC…中嶋勝彦から守り切る。あいつにズタズタにされたこの右腕……この“右腕の刃"をあいつに突き立ててやるよ。そして、ノア…GHCはこの俺だ!というのを証明します。I am NOAH!」

【清宮の話】「オッケー! GHCのヘビーは潮崎さん…ナショナルは俺が獲って! 横浜武道館、俺が絶景見せますよ! プロレスリング・ノアにね、汚い大人なんかいないんだよ。俺が未来見せるから。絶景を見せるから! みんな横浜武道館で絶景を観に来てくれ」