『DDT TV SHOW! #12』が14日、DDT TV SHOWスタジオで無観客で行われ、樋口和貞&坂口征夫&赤井沙希のEruptionがKO-D6人タッグ王座から陥落。彰人&平田一喜&翔太の若手通信世代が新王者となった。

 この日のメインイベントはKO-D6人タッグ王座戦。11・3大田区大会で挑戦の名乗りを上げた彰人組が王者Eruptionに挑んだ。彰人&平田&翔太は2010年から1年間にわたってDDTが開催していた若手興行『月刊若手通信』の主力メンバーだが、近年は所属ブランド、ユニットの違いもあって組む機会がなかった。試合では翔太がEruptionの波状攻撃を受けて窮地に陥ったものの、これを耐え忍ぶと赤井の一瞬のスキを突いて雁之助クラッチで丸め込んで逆転の3カウントを奪取。6人タッグ王座を手中に収めた。

 Eruptionは6・20新宿大会で遠藤哲哉&T-Hawk&エル・リンダマンを破って戴冠以来、3度の防衛に成功し、その座を盤石としつつあったものの陥落。彰人&平田&翔太が第42代王者となった。同王座初戴冠となった翔太は「大田区で一歩踏み出した、この3人で若手通信世代で動いて、6人タッグを獲りました。あの日、あのとき、一歩踏み出してよかった!」と歓喜。彰人は「翔太さんがああやって行動に移してくれたんで。昔、翔太さんは『1度でいいから、KO-Dという名の付くベルトを獲りたい』と言ってましたよね」と翔太を称え、平田は「ジャイアン(坂口)に一発バックドロップ食らわせました。個人としては、前回(10・25後楽園)負けて、こんなに早くチャンスが巡ってくるとは思わなかった。ベルトはうれしいもんですね」と笑顔を見せた。

 そして若手通信興行復活が浮上した。翔太が「若手通信世代で何かやれないかな」と呼びかけると、彰人は「会場を押さえてるんです」と告白。翔太が「若手通信復刊? 30歳超えてるのに」と困惑すると、彰人は「全部含めて、あの頃の気持ちを取り戻しましょう。ギャラは(昔と同じ)100円です」と返答し、「あの頃は30人とかしか集められなかったけど、今なら10倍は入れられる」と豪語すると、翔太が「僕らの世代、欲深く生きていきたい」と締めくくった。

 彰人は『月刊若手通信』復活のめどを「春までには」と定めた。「勢いで会場を押さえたんですけど、何も決まっていない」と前置きしつつ、「あの頃、誰が出てました? 入江、美月凛音、ヒロ・トウナイ、関根龍一、那須晃太郎。新日本のキング・ファレ、高橋広夢だって出てました。呼べるか呼べないかは別として、あの頃を思い出させるような興行をしたい」と展望を話した。

 竹下幸之介、勝俣瞬馬、MAO、上野勇希によるDDTサウナ部が始動戦を白星で飾った。

 今月8日の『DDT TV SHOW! #11』で勝俣が呼びかけて結成されたDDTサウナ部。ユニットとは別次元ながら、初戦となったこの日、おそろいのTシャツを着込んで登場するなど結束をアピール。HARASHIMA&大鷲透&クリス・ブルックス&納谷幸男組と激突した。

 サウナ部は初陣とは思えない好連係を披露。終盤に納谷を捕獲すると、竹下とMAOがダブルブレーンバスター、勝俣、上野が立て続けにダイビング・ボディプレスを敢行する波状攻撃を浴びせた。そして、最後は上野がBME(ベスト・ムーンサルト・エバー)を繰り出して3カウントを奪った。

 バックステージで意気軒高の勝俣は「やった! サウナ部が勝ちました。僕は最高に整いました。この4人だったら、ずっと整えられる。今日の試合、すごく気持ちよかったんで、この4人で新しい景色を見ていきましょう。熱パワー!」と勝ち誇った。初陣を白星で飾ったサウナ部は明日11・15富士大会で遠藤哲哉&佐々木大輔&高尾蒼馬&島谷常寛のDAMNATIONと激突する。


【試合後の彰人&平田&翔太】
▼翔太「一発で獲りました。2年前、ビアガーデンプロレスで彰人さんとシングルやったとき、その後、『いつかK0-Dのベルトを巻く』って宣言した。すっかり忘れてたけど、気付いたらベルト巻いてた。一歩かもしれないけど、自分らの世代で立ち止まらずに暴れていきたい」

▼彰人「DDT内にいる若手通信世代は僕らだけじゃない。どこかでCIMAさんとよろしくやってる若手通信世代。石井(慧介)選手だって若手通信世代。なんなら冨永(真一郎)選手だって。僕らだけじゃなく、そういう人も巻き込んでやっていきたい」

▼翔太「歩んできた道がそうさせるのかわからないけど、みんな控え目な性格なんで自己主張していきたい。なんでTV SHOWでやったのか? D王 GPが始まるんで、日程的にしばらく6人タッグの防衛戦はできないんで、必然的に1カ月はチャンピオンでいられるのは、ほぼ確定。僕はガンプロで僕なりに一歩動きたい。彰人さんにはD王で結果出してもらいたいし、平田さんにはダンスで盛り上げてほしい」

▼彰人「春までにはやります。勢いで会場を押さえたんですけど、何も決まっていないんで。あの頃、誰が出てました? 入江、美月凛音、ヒロ・トウナイ、関根龍一、那須晃太郎。新日本のキング・ファレ(現バッドラック・ファレ)、高橋広夢(現ヒロム)だって出てました。呼べるか呼べないかは別として、あの頃を思い出させるような興行をしたい」


【試合後の樋口&坂口&赤井】
▼赤井「最悪。今日という日を一生忘れない。よりによって無観客で、どうせならお客さんの前でやりたかった。この前の後楽園でがんばって、ベルトなくなって信じられない。この3人でもっと夢見せていきたかった。女子を含んだミクスドマッチでもっとやりたかった。あの3人も夢があるのかもしれないけど。お腹がスカスカになった。せめてお客さんの前でやるのが筋が通っていると思う。お客さんにすごい悪いなって思いました。ケツァル・コアトルに頼りすぎた。もっとほかを強化すべきと思ったけど。6人タッグはずっと巻いておきたいベルト。絶対にあきらめない」

▼樋口「悔しい。6人タッグはEruptionにとって、初めてのベルト。思い入れが強い。獲られたけど、終われない。また狙っていきたい」

▼坂口「のび太がドラえもんに助けられた。ジャイアンは負けない。いつでも獲り返す。今日はヤツらの勢いに飲み込まれた。こういう日もある。これで、ウチらの絆はもっと深くなったと思う。このベルトへの思いは一段と増した。次はもっと巻いていたい。負けは認める。いつでも獲り返してやる」