『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』東京・後楽園ホール(2020年11月19日)
「WORLD TAG LEAGUE 2020」公式戦 ○石井智宏&矢野通vs後藤洋央紀&YOSHI-HASHI×

 白熱のCHAOS対決は石井&矢野に軍配。YOSHI-HASHIを真っ向から粉砕し、タッグリーグ2勝目を挙げた。

 この日はタッグリーグらしく正規軍、BULLET CLUBの同門対決が実現したが、セミファイナルでは現在、1勝1敗で並ぶ石井&矢野と後藤&YOSHI-HASHIによるCHAOS同士の一戦が組まれた。石井と後藤&YOSHI-HASHIは現在NEVER6人タッグ王座を保持しており、王者対決でもあった。

 先発した矢野は早くもコーナーマットを引っぺがしにかかるも、YOSHI-HASHIは言葉で説得。普段なら聞く耳を持たない矢野だったが、同門対決だけに素直に動きを止める。すかさず後藤&YOSHI-HASHIは「せ〜の!」と声を合わせつつ、ダブルショルダータックルや合体サマーソルトドロップなどで相手チームをナデ斬りにした。

 矢野も負けじとコーナーマットを振り回して背後から襲撃すると、ここからYOSHI-HASHIがローンバトルを余儀なくされた。しかし、あとを受けた後藤が試合を立て直すと、体力を回復させたYOSHI-HASHIも奮戦。後藤との連係が冴え渡り、石井相手に後藤の牛殺し、YOSHI-HASHIのダブルニーアタックを連続して決めると、矢野には合体ヘッドショットをズバリ。さらに、石井にはダブルミドルキックをぶち込み、GYR(合体裏GTR)もさく裂した。

 しかし、矢野がインサイドワークをフルに使って流れを変える。後藤をコーナーの金具に自爆させ、飛行機投げで排除すると、YOSHI-HASHIにはマンハッタンドロップを決める。ロープを掴んでブレイクを猛アピールして挑発すると、突っ込んでいたYOSHI-HASHIを上手く回避。あうんの呼吸で走り込んだ石井がラリアットを振り抜き、矢野のフロントスープレックス、石井のスライディングラリアットが連続して火を吹いた。

 YOSHI-HASHIも粘りに粘る。KUMAGOROSHIで石井をマットに突き刺すと、矢野との誤爆を誘って丸め込み、あわや3カウントの場面を作り出す。さらに、豪快なカチ上げ式ラリアットからカルマへ。だが、寸前で背後に不時着した石井は投げ捨てドラゴンスープレックスで逆襲。奮闘するYOSHI-HASHIの追撃を仁王立ちで受け止めたうえで、延髄斬り、ラリアットで畳みかけると、最後は垂直落下式ブレーンバスターで同門対決を制した。

 CHAOS対決らしい白熱の一戦で石井&矢野が激勝。タッグリーグ2勝目を挙げた。石井たちは何も語らず、控え室へと消えていったが、後藤&YOSHI-HASHIは敗れても激情は収まらず、「こんなとこで潔く諦めるほど、俺たちはそんなやわな器できてないから」(YOSHI-HASHI)、「終わったものはしょうがない。YOSHI-HASHI、落ち込んでもしょうがないし、それぐらいで俺たちの心は砕けない」(後藤)と気持ちは前向きだった。


【試合後の後藤&YOSHI-HASHI】
▼YOSHI-HASHI「まだ終わったわけじゃないから。まだ始まったばっか!」

▼後藤「おう、まだまだだよ!」

▼YOSHI-HASHI「こんなとこで潔く諦めるほど、俺たちはそんなやわな器できてないから」

▼後藤「そんな風にできてねー俺らは」

※YOSHI-HASHIは控室へ

▼後藤「負け、負けはもう仕方ないと思ってるよ。終わったものはしょうがない。YOSHI-HASHI、落ち込んでもしょうがないし、それぐらいで俺たちの心は砕けない。ただ前回の勝利からね、いい流れをものにできてないことのほうがなんかちょっと問題なだけで。まあ次! まだ始まったばっかなんでね。しっかり勝ってその流れ勢いを持続させることを意識してやっていきます」

※石井&矢野はノーコメント