『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』東京・後楽園ホール(2020年11月19日)
「WORLD TAG LEAGUE 2020」公式戦 ○デビッド・フィンレー&ジュース・ロビンソンvs棚橋弘至&トーア・ヘナーレ×

 ジュースが鼻血を流しながらも奮戦し、“フィンジュース"が2勝目。タッグリーグ連覇に向けて、フィンレーは「今は絶好調だ。波に乗ってる。ゴールの舞台は決勝戦。俺たちの決勝進出は間違いない」と断言した。

 昨年覇者の“フィンジュース"ジュース&フィンレーは開幕戦でトンガ&ロアを破って好スタート。しかし、2戦目ではEVIL&裕二郎にまさかの敗戦を喫し、いきなりつまずいてしまった。3戦目は棚橋&ヘナーレとの正規軍対決。今宵はディフェンディングチャンピオンらしいファイトを披露した。

 フィンジュースが序盤から見せ場。ヘナーレに照準を絞り、フィンレーのバックドロップ、ジュースのセントーンが立て続けにさく裂すれば、カットに飛び込んだ棚橋もダブルフェイスバスターで返り討ちに。その後も攻撃の手を緩めず、素早いタッチワークで次々とダブルスレッジハンマーを落とし、ジュースがボディスラムでフィンレーの体をヘナーレに投げつける"人間爆弾攻撃"などで畳みかけた。

 しかし、ヘナーレは低空ドロップキックでジュースを転倒させ、フィンレーの股間へのヘッドバット誤爆を誘発させてピンチを脱する。これでジュースは鼻血を流して流血した。あとを受けた棚橋もドラゴンスクリューでフィンジュースをナデ斬りに。ヒザのコンディションに不安を残す逸材だったが、ジュースを圧倒してみせた。

 その間に体力を回復させたヘナーレは串刺しラリアットを乱射すると、ジュースを抱え上げ、その足でフィンレーをなぎ倒してからバックフリップをズバリ。ヘナーレの猛攻を場内は手拍子で後押しする。フィンレーめがけて連続袈裟斬りチョップや回し蹴りも発射。ランニング式のスパインバスターでマットに叩きつけると、棚橋と合体し、スリングブレイド&スピンキックもさく裂した。

 だが、TOAボトムが空転すると、流れはフィンジュースに。ブラインドタッチでジュースが登場すると、鼻血を気にせず奮闘。フィンレーとともにスパインバスター&エルボースマッシュをヘナーレに叩き込む。棚橋が急行してもドラゴンスクリューで戦線離脱に追い詰めた。そして、一気にドゥームズデイ・デバイス(ダブルインパクト)を敢行。豪快な一撃でヘナーレを沈めた。

 流血というアクシデントに見舞われながらも、フィンジュースが快勝で2勝目を獲得。連覇に向けて勢いを取り戻した。試合後の舌もなめらかで、フィンレーは「これで合計4点。1敗はしてるけど、今は絶好調だ。波に乗ってる。ゴールの舞台は決勝戦。俺たちの決勝進出は間違いない。俺たちを超えられるチームはいないだろ」と豪語。ジュースも「言いたいことはフィンレーが全部言ってくれた」と満足げだった。

【試合後のジュース&フィンレー】
▼フィンレー「新日本最強のタッグチームにまた2点追加だ! ヘナーレとタナハシもクソ強いけど、俺たちほどではないってことだ。これで合計4点。1敗はしてるけど、今は絶好調だ。波に乗ってる。ゴールの舞台は決勝戦。俺たちの決勝進出は間違いない。俺たちを超えられるチームはいないだろ」

▼ジュース「言いたいことはフィンレーが全部言ってくれた」

▼フィンレー「ハッピー・ビールか?」

▼ジュース「だな!」

【試合後の棚橋&ヘナーレ】
▼棚橋「結果は出てないけど、去年組んだ時よりも絶対コンビネーション良くなってる。(ヘナーレに向かって英語で)去年よりチームとして良くなってると思うだろ?」

▼ヘナーレ「試合数を重ねてチームとして成長できている」

▼棚橋「俺が悪い。ヘナーレはいい。ヘナーレはいい。俺が悪い。(英語で)ヘナーレ、次は俺がしっかりサポートするから」

▼ヘナーレ「ありがとうございます。ファンの応援がある限り、俺はいつも全力を捧げる。戦い続けるぞ」