『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』(2020年11月30日)
「WORLD TAG LEAGUE 2020」公式戦 ○後藤洋央紀&YOSHI-HASHIvsバッドラック・ファレ&チェーズ・オーエンズ×

 後藤&YOSHI-HASHIが好連係を活かして接戦を制し、タッグリーグ4勝目。ファレ&オーエンズは5敗目を喫し、脱落が決まった。

 なかなかペースを掴めず、いまだに白星を先行させたことのない後藤&YOSHI-HASHIと、合体技・グラネードランチャー公開以降は2連勝中のファレ&オーエンズ。勢いだけ見ればBULLET CLUBコンビが有利かと思われたが、後藤&YOSHI-HASHIがチームワークで結果を出した。

 BULLET CLUBコンビはゴングを待たずに奇襲。後藤&YOSHI-HASHIの連係攻撃に手を焼いたものの、巨漢のファレはダブルショルダータックル狙いを逆に吹き飛ばして鎮圧した。そこからBC軍は後藤の腰に集中砲火。クイックタッチを活かして畳みかける。

 それでも気合いの入ったYOSHI-HASHIが積極果敢に反撃を仕掛けると、体力を回復させた後藤も追随。オーエンズに村正、ブルドッキングヘッドロックの連続攻撃を見舞った。オーエンズのジャンピングハイキック、腕極め式ラリアットをもらってしまうが、新兵器のグラネードランチャーはキッチリと阻止。オーエンズの二段蹴りをファレに誤爆させて好機を掴む。

 オーエンズも後藤を丸め込むなど最後まで抵抗を続けたが、後藤&YOSHI-HASHIは好連係でシャットアウト。YOSHI-HASHIのトラースキック、後藤の牛殺しが連続して決まると、最後はGYW(合体リバースGTR)で一気にオーエンズを沈めた。

 今回のリーグ戦で後藤&YOSHI-HASHIは初めての連勝。ようやく白星を先行させた。一方、ファレ&オーエンズは5敗目となり、負け越しとリーグ戦脱落が確定。この日の結果を受けて、リーグ戦は石井&矢野が勝ち点10で首位に立ち、2点差で後藤&YOSHI-HASHIを含む6チームが追う大混戦に。

 後藤組が優勝する可能性は十分に残されている。後藤は「よっしゃー! これで、2連勝だ! リーグ戦ってのはよ、勝利の後にこうやって勝利が続く。それが1番、大事なんだよ」とこの日の勝利で手応え。YOSHI-HASHIは「藤沢で言った通り必ず俺たちが優勝する。それだけは何も変わらないから」と改めて優勝宣言をぶち上げた。

【試合後の後藤&YOSHI-HASHI】
▼後藤「よっしゃー! これで、2連勝だ! リーグ戦ってのはよ、勝利の後にこうやって勝利が続く。それが1番、大事なんだよ」

▼YOSHI-HASHI「ハイ」

▼後藤「この勢いは俺たちにとって……」

▼YOSHI-HASHI「これで勝ちが先行したから、今までこのリーグ始まって負けが先行してきたけど、ようやく勝ちが……」

▼後藤「この勢いのまま行こーぜ!」

▼YOSHI-HASHI「OK。基本、藤沢で言った通り必ず俺たちが優勝する。それだけは何も変わらないから」

▼後藤「もう大丈夫かYOSHI-HASHI?」

▼YOSHI-HASHI「もう今日は」

▼後藤「今日はいい?」

▼YOSHI-HASHI「これぐらいに」

▼後藤「OK」

▼YOSHI-HASHI「失礼致します」

▼後藤「レッツゴー!」

▼YOSHI-HASHI「OK」

※ファレ&チェーズはノーコメント