『Road to TOKYO DOME』東京・後楽園ホール(2020年12月23日)
○SHO&飯伏幸太vs内藤哲也&BUSHI×

 1・4&5東京ドーム2連戦へ向けて三つ巴の舌戦が展開され、初日二冠戦へ向けた最後の前哨戦を制した飯伏は王者・内藤に「最高の俺らのプロレスやろうぜ」と呼びかけた。

 2021年オープニング興行1・4東京ドーム大会でIWGPヘビー&インターコンチネンタル二冠王座戦を争う王者・内藤と挑戦者・飯伏。ここまで1ヵ月にわたって前哨戦を繰り広げてきた両者が年内最終興行で最後の前哨戦に臨んだ。

 先発で対峙した内藤と飯伏。内藤がヘッドシザースで絞め上げれば、飯伏はすぐさま逃れる。ともに交代しても、SHO加勢に飛び込んだ飯伏を内藤がマンハッタンドロップ、BUSHIがコルバタの連続攻撃を決め、まずは王者が先をいった。

 その後も内藤がドラゴンスリーパー式ネックブリーカー、低空ドロップキックと飯伏の首に集中砲火。グラウンドでのネックロックで絞め上げた。飯伏もドロップキックでBUSHIに反撃。内藤がタッチを阻んでも、オーバーヘッドキックで内藤とBUSHIをまとめて蹴散らして突破口を開いた。

 その後、2度目の直接対決が訪れると、飯伏が猛攻。雄たけびもろとも掌底連打、ローキック、ローリングソバットの波状攻撃を浴びせ、レッグラリアット、その場飛びムーンサルトを矢継ぎ早に繰り出す。エルボー合戦も連打で制した。負けじと内藤はバックエルボーで反撃。ショートレンジバックエルボー連打、雪崩式フランケンシュタイナー、延髄斬りの波状攻撃で巻き返したが、飯伏もショートレンジラリアットで応戦して譲らず。内藤の抵抗をものともせずシットダウンラストライドで叩きつけたが、カミゴェは不発に終わり、内藤がグロリアでやり返した。

 2020年を締めくくるように、二冠戦へ向けた激しいせめぎ合いが展開されたが、最後に決めたのはSHO。腕ひしぎ逆十字やミドルキック連打でBUSHIの左腕を狙い撃ちし、ミサイルキック、エプロンへのDDT、フィッシャーマンスクリューの猛反撃を受けても、飯伏が飛びヒザ蹴りをぶち込む援護射撃。内藤のデスティーノによって排除されたものの、ラリアットで流れを引き寄せたSHOはパワーブリーカー、ショックアローでたたみかけてBUSHIから3カウントを奪取。2020年最終戦のメインを勝利で飾った。

 最後の二冠前哨戦は飯伏が制した形となった。試合後、内藤とリング中央でにらみ合うと、手拍子に押されるかのように額を押しつけ合った。そこへ現れたのがジェイ。ここからドーム2連戦へ向けた三つ巴の舌戦に突入し、ジェイは「内藤、飯伏、忘れるな。俺が二冠王者になる。それが俺のデスティーノだ。俺は神になる」と二人のセリフを拝借して宣言した。

 動じない飯伏は「オイ、ジェイ。意味わかんねぇよ。お前は1・5。もう帰れ。わかった、わかった。はい、はい」とあしらうと、内藤に向き直り、「内藤、俺らのプロレス、1・4でしようぜ。最高の俺らのプロレス。覚えてるよな? 俺らのプロレスやろうぜ」とメッセージを投げかけた。対する内藤も「とにかく1月4日はホテルでゆっくりのんびりリラックスしてもらって、1月5日、東京ドームのメインイベントでまた会おうぜ」とジェイに呼びかけてから、「その前に、ま・ず・は、飯伏幸太。この最高の舞台でのシングルマッチ、お互い楽しもうぜ」と呼応。これに飯伏は大きくうなずいた。

 両者は昨年6・9大阪城大会におけるIC王座戦(内藤が勝利)以来、1年7ヵ月ぶりの一騎打ち。「俺は忘れない。内藤哲也との去年の死闘を」と言い切った飯伏はあの時を超える戦いを繰り広げたうえで二冠を奪取するつもり。その先にはもちろん11・7大阪大会で権利証を奪われたジェイへのリベンジを見据えており、「1・4の内藤戦で俺は負けない。そして、1・5ジェイ、待っとけよ」と宣戦布告した。

 権利証喪失によってこのトライアングル抗争を招いた形となった飯伏だが、ドーム2連勝を飾れば自らの手でけじめをつけられる。そして、ドームのリングで2本のベルトを勝ち取って、「神」の領域を目指す。

【飯伏の話】「ジェイ、お前は相変わらず話が長いよ、本当に。お前は1・5、それは決まってるから。それはそれでいい。それよりもその前に1・4、内藤哲也。わかってるよ。俺は忘れない。内藤哲也との去年の死闘を。また1・4の内藤戦で、俺は負けない。そして、1・5、ジェイ、待っとけよ。今年も最高のいい勝利ができました。SHOくん、ありがとう。また来年も会いましょう」

【SHOの話】「いつぶりだ? いや、初めてかもしれない。1年、勝ちで始まり、勝ちで終わったのは。今年、世界中でいろんなことがあった。俺個人もいろんなことがあったんだ。そして、心が本当に折れそうな時、人に支えられた。来年の目標できたぞ。結果を残すのはもちろん、人の支えになるレスラーになることだ。今年最後のシリーズ、こうして飯伏さんと組ませてもらって、凄く勉強になった。楽しかった。うれしかった。大好きな、大好きな飯伏さんと一緒にコーナーに立てて、凄えうれしかった。でも、大好きだからこそ、いつか必ず飯伏さんを超えてみたい。神になった飯伏さんを超える。いつか超えてみせる。正真正銘の神超えだ」


【内藤の話】「ジェイ・ホワイトのああいうベルトへのこだわり? 最後もね、チャンピオンでもないくせに2本のベルト持って帰っちゃったからさ。ああいうこだわり、俺は好きかな? ベルトに限らず、なんでもいいよ。なんでもいいけど、こだわりってやっぱり必要だと思うからさ。ジェイはベルトであり、結果へのこだわりが強いんだろうね。そういうところ、俺はいいと思うよ。ただし! ただし、今は1月4日、飯伏幸太とのシングルマッチに集中したいから。集中しないといけないと思うしね。今日の会見でも言った通り、2日連続でのタイトルマッチ、リスクはあるでしょう。リスクは大きいと思うよ。でも、そんなリスクなんかよりも東京ドームで2日間、試合ができること、しかもメインイベントで試合ができること、そっちのメリットのほうが遥かに大きいんでね。俺にはリスクよりもメリットしか見えないかな。さあ、いよいよ次は1月4日、東京ドーム大会。今日が2020年最後の試合だったわけで、コロナの影響もあって、俺が思うような1年間じゃなかったけど、なんかこれも内藤哲也っぽいな、内藤哲也らしいななんて思ってしまいますよ。2020年最高のスタートを切ったはずなのに、俺の思うような1年間を過ごすことができなかった。じゃあ、来年も最高のスタートを切ろうか。2021年も東京ドームで、最高のスタートを切ろうか。そして2021年、内藤哲也、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンにとって最高の1年にしてみせるぜ。カブロン!」

【BUSHIの話】「今年の…今年の最後に田中…いや、SHO! お前にやられたこの屈辱、絶対忘れない。来年晴らす」


【ジェイの話】「(IWGPとインターコンチのベルトを肩にかけ、権利証の入ったケースを持った外道と一緒にコメントスペースに現れて)どうだ、似合ってるだろう? やっぱりこのベルトは俺のためにあるな。今日も俺がベルトを持ってバックステージでコメントしている。未来の姿を見ているようだ。1月5日、この2本のベルトは正式に俺のものになる。もう一度IWGPヘビー級ベルトに俺の名前が刻まれる。俺もベルトコレクターか。でもな、プロレス界で本当に名誉のあるベルトはこの2本だけだ。だから俺は他の団体に乗り込んで、ベルトを獲る気なんてさらさらないぞ。この2本のベルトはプロレス界の宝だ。いや、それ以上の宝がある。それはこの俺と戦うチャンスを手にできることだ。この俺と戦うことができれば、お前は本物のスターになれる。誰も違うとは言えないだろ。俺は一人の力でMSGを完売させた。そしてお前らの大好きな日本人選手2人が、俺と戦うチャンスをかけて競い合っているんだ。俺が王者になれば、今まで以上の金が生み出されるっていうわけだ。そしてゲドーは最初から俺の価値を見抜いていた。こうしてベルトを持っていると最高の気分だ。2週間後の今、誰もが満足する結果になっているだろう」