『NEW SUNRISE 2021』東京・後楽園ホール(2021年1月4日)
○村上和成&杉浦貴&桜庭和志vs中嶋勝彦&マサ北宮&拳王×

 拳王をスリーパーで絞め落とした村上がナショナル王座挑戦を表明。「次、俺がやってやるからって言っとけよ。まあ、逃げんなよ!」と挑発し、1・23大坂でのタイトル戦が正式決定した。

 昨年末の杉浦軍興行から杉浦軍に新加入した村上。対戦カードが当日発表となる新春興行にも参戦し、杉浦&桜庭と組んで、金剛と激突したが、ナショナル王者・拳王に牙をむいた。

 序盤から狂乱の雄叫びを上げてやりたい放題に暴れ回った村上。杉浦&桜庭とのチームワークもスムーズで、より一層その暴走っぷりが際立った。

 そして、その猛威はナショナル王者・拳王を飲み込む。終盤で相対すると、顔面をストンピングで蹴り飛ばしながら、何度も怒号を上げて拳王を挑発。怒りの拳王が掌底連打でやり返すと、村上も呼応して激しい乱打戦に。村上は土手っ腹にヒザをぶち込んで拳王の動きを止めると、顔面を容赦なく蹴り上げ、スリーパーに捕獲。絶叫しながら絞めに絞めると、拳王は落ちてしまい、慌てて西永レフェリーが試合をストップ。劇的勝利で村上がナショナル王者を仕留めた。

 ピクリとも動かない拳王を踏みつけて勝ち誇った村上。拳王がナショナル王座を保持していることは知らなかったようだが、「あれがチャンピオン? はぁ〜。じゃあ、いいね。ベルトみんな持ってるし、俺はベルト持ってないから」と興味を示し、「ああ。あいつに言っとけよ。次、俺がやってやるからって言っとけよ。まあ、逃げんなよ!」と挑戦表明。大会終了後、1・23大坂でのタイトル戦が正式決定した。

 「次やって逃げたら突っ込むけどな。覚悟しとけ」と言いたい放題だった村上。絞め落とされた拳王がこのまま引き下がるとは思えないが、村上はこれまで以上の暴走ファイトで拳王を沈める構えだ。


【試合後の杉浦&桜庭&村上】
▼杉浦「いやいやいや、拳王、チャンピオンだよね? ナショナルチャンピオン。落ちちゃったら恥ずかしいんじゃないの? チャンピオンって知ってる?」

▼村上「知らない」

▼杉浦「簡単に落としちゃったよ。チャンピオン、情けないな」

▼村上「へぇ〜、あれがチャンピオン? はぁ〜。じゃあ、いいね。ベルトみんな持ってるし、俺はベルト持ってないから」

▼杉浦「いきますか?」

▼村上「ああ。あいつに言っとけよ。次、俺がやってやるからって言っとけよ。まあ、逃げんなよ! まあ、逃げるか。来たらいつでもやってやるからって言っとけ。一番最初は俺な。次やって逃げたら突っ込むけどな。覚悟しとけ」

▼杉浦「決まりだな」

▼村上「お前ら、決まりって書いとけよ。記者推薦って書いとけ。わかりました。やってやります」

▼桜庭「クリーンファイトね、クリーンファイト」

▼村上「おお、クリーンファイト。拳でクリーンファイト」